坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

最初に

はじめまして、日色と申します。

初めてEXOちゃんでアイドルが好きになりました。

楽しさを噛みしめつつ…もともとの性分である腐心でお話を書かせていただいてます。


お話は、EXOメンバーの名前を借りたBLになります。

私の完全なる妄想になりますので、ご本人とは全く関係ないです。

もしかしたら、イメージが崩れてしまったりするかもしれません。かつ、ど素人の駄文です。

ご了承願います。



また、腐りきっている要素も含まれることがあります。

18歳未満の方や、苦手な方はご遠慮ください。

完全なる妄想を楽しんでいただけたら…と思っております。

彼らの青春、苦悩、甘酸っぱい感じな妄想を伝えられたらいいなぁ…

よろしくお願いします!


日色




追記:コメント欄への広告、宣伝等は無断で削除、報告させていただくことがございます。

ご了承お願いします。



≪カテゴリについて≫

久々に2016年7月12日カテゴリ更新!

☆お知らせ
【完】または【休】と書いてあるお話は、古い順にしましたので①~見ることができます^^

【完】…完結

【休】…一か月以上更新していない続編の話。

続きを読む

スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

本日は…



毎日見てくれる方
時々ちら見してれる方
初めてきちゃったかたもこんにちは!


最近おやすみがちで申し訳ありません!
土日はおやすみします。
よろしくお願いします。

いつもありがとうございます!
よろしくお願いします。

m(__)m



日色

おまけ拍手
PageTop

憧れの人05

妖精さんは僕のものスピンオフ第2弾!

【ベッキョン・チェン】

melody fairy:遊園地発信のアイドルグループ
"歌のお兄さん"をコンセプトにした、親子をターゲットに活動する。

children:melody fairyのファンの名称

ベッキョン:歌手の卵
スホ:俳優の卵
セフン:人気モデル
チェン:ミュージカル俳優
レイ:中国で活躍中のタレント

シウミン視点➡『音楽の妖精さん1』


[ベッキョン]


ついに初顔合わせだった。

スホひょんと約束の場所で待っていた。



あー、節々がいたい。

喉も。




この数日間、出来る限りボイストレーニングや、馴れないダンスにも挑戦していた。




なんでかって?




遊園地アイドル…

そう、脳内イメージは歌のお兄さんである。

あの方は子供達と、ママさんを虜にするカリスマだ。




見習うためにDVD を見まくってたらいつの間にか一緒に踊って歌っていたからである。




っと、スホひょんまだかな…

チクタク、チクタク…




ああ…

めっちゃ緊張するけどわくわくする…!



「お、ベク早いな~」

「って、スホひょん!遅い!」

「すまんすまん~でも、間に合っただろ?」


「え?」


あ、ほんとだ。

俺が早く待ち合わせ場所に来てたからスホひょんが遅刻だと勘違いしたっぽい…。

いっつもぎりぎりな俺にしては今日は特別な日だという実感はあるようだ…



「ひょん、なんだかんだ久々だね。

今日まで何してたの?」


そうなのだ、あれからなかなか会ってくれなかった。

何してたか気になる…



「ふ…秘密の特訓だ。」

「えー、俺にも声かけてよ。」


「ライバル宣言されたからな!

俺も個人的に磨きをかけないと…!」



「え?」

「人気No.1になるんだろ?」



スホひょん、まさか…あれをライバル宣言と思って…?



「一番になるってのは、意気込みみたいなやつでさ…」

「いや、俺はいいと思うぞ!

切磋琢磨だ!」



「スホひょ~ん誤解だって!」




最後はやっと?納得してくれた。




「着いたぞ。」

「おお…」



遊園地の、入り口。。。?



「え、で、何処待ち合わせ?」

「何処だったかなぁ。

サブマリンパークステージ、待合室?」


設置されている大雑把な看板の地図を見る。

サブで、マリンで…??


「ちょ、こっから結構遠くない?!

ぎりぎりじゃん!」

と、何だかんだ遊園地の敷地内はとても広くて早めに来たにも関わらず少し遅れて着いた。

※と、言うことは俺より後からきた人たちは完全遅刻である。



やっと待合室までくるとスタッフがいた。



「遅くなりました。

申し訳ありません!」

スホひょんが言って俺も頭を下げた。



「いえ、みなさん迷っているようです。

少しお待ち下さい。」


「よかったぁ、最後じゃないみたいだね。」



ほっとしながら廊下を歩き…



「こんにちは!」


緊張気味で勢い良くドアを開けた。

コの字にテーブルの一番手前に一人、誰か座ってる。




「こ、こんにちは。」


ちょこんとしてる。

すかさずスホひょんが握手を求めた。



「キム・ジョンミョンです。」



俺も続いて挨拶をする。



「初めまして~ビョン・ベッキョンです。」


猫っぽくて可愛らしい感じだ。

同い年か、年下…かな?



「き、キム・ミンソクです。

よろしくお願いします。」



ぺこりとお辞儀をするミンソクさん。

いい人そう…

なんか、垢抜けてない感じだ。。。



ひょんに握手を求められて痛そうだったので俺も握手を求めて離してあげる。



「これから、僕たち運命共同体…ですね!

よろしくお願いします!」



「は、はぁ…」



…でも、なんか…なんだ?


この普段感?

受かってここまできた気迫がない。



もしかして、特別枠…とか?

まさかな?



「僕、スカウトされたんですけど…

まさかこんなに早くデビュー出来るなんて思ってなくて…嬉しいです!」

「え?」



そう言っても良くわかってない風で…

ふんわり流されてる。


しかし、スホひょんはその雰囲気に気づいてないみたいで話は続く。



「遊園地で必ず会えるアイドルがコンセプトみたいだな!

パレードとかも出るみたいだぞ。」


え?そうなの?!

知らない情報を聞きたさにシウミンさんへの疑問が薄れる。


「えー、俺らが主役?

ミッ○ーみたいじゃん!」

「だろ?!

ベクに言いたくてうずうずしてたんだ!」



なるほど!

何か言いたそうな顔はそーゆーことだったのかっ!



知らぬ間に凝視されていることに気づかなかった。



じ~…

大きなつり目が俺たちを見つめる…




「…あの、なんの話ですか??

アルバイトってそこまでやるんですか??」




「「え?」」



信じられない言葉をいい放つミンソクさん…

思わずすぐに振り向いた。




「え?」



変な…間。



「ミンソクさん、その冗談全然面白くないですよ!」



スホひょんがすぐに反応してやっと冗談だと気づいた。

俺としたことが真面目に答えるところだったぁっ!



「俺たちは"melody fairy"として、アイドルデビューするんだ。

…って、あれか?隠しカメラとかあるどっきりか?」


そうだ、こんなに早く来てるし、もしかしたらどっきりの人かもしれないっ!

も、もしかしたらこのミンソクさんってスタッフさんかもっ!




今更だけど愛想振り撒いとこ…!




「えー!つまんないとか言っちゃったし!」



スホひょん、気づいて…!

これはどっきりだって!




「アイドル…デビュー?」




それでも、ミンソクさんはなかなか正体を明かさない…



ガチャ…

扉が開いた。



勝手に(どっきりの)看板がくると思って身構える。

…が。




「くぅたん!!!!」




planet遊園地のキャラクターを叫び出すイケメン…が現れる。

この人も仕掛人…なわけないか。

無駄にオーラあるし。




って、この人オーディションいたような…?




「げ。」

「会いたかったですぅ!!」





そのミンソクさんの反応で、なんとなく正体がわかった。






最近お休み気味ですみません…
月曜日から再開しますm(__)m


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

憧れの人04

妖精さんは僕のものスピンオフ第2弾!

【ベッキョン・チェン】

melody fairy:遊園地発信のアイドルグループ
"歌のお兄さん"をコンセプトにした、親子をターゲットに活動する。

children:melody fairyのファンの名称

ベッキョン:歌手の卵
スホ:俳優の卵
セフン:人気モデル
チェン:ミュージカル俳優
レイ:中国で活躍中のタレント



[ベッキョン]


「…え?」



マネひょんから聞いた話によれば…

そもそも、主催者側つまりplanet遊園地から"受けてみませんか?"
と、声を掛けてくださったらしい…



「えぇ?!もー最初から言ってよ!」

「そう思ったんだけど…」

と、マネひょんに問いただすと…



「俺が黙ってて欲しいってって言ったんだ。」



スホひょんが後ろから話を聞いていた。



「えぇ?!なんで?!」

「あくまで応募しませんか?って言われただけだろ?
仮に出来レースだったとしても確実に合格ってわけじゃないし…」



「そ、そうだけど…」

「ベクの意思で応募した方が、モチベーションも上がるだろ?」



うぅ…

スホひょんに言われて確かにと納得する。



声を掛けてもらったら心の何処かで受かるだろうと過信する。
それで落ちたらかなり落ち込むと思う…



「まぁ、実際は遊園地の支配人が練習してるベクのことを覚えたらしいんだけどね。

歌が上手くて話も面白かったって。」


「えぇ?」



いつ、どこで?

運ってどこに転がってるかわからないものだ…



「今回の合格者は8人らしい。」

「ほお。」


8人もいるのか。

確か、モデルのチャニョルもいたな…

待合室でキャーキャー言われて目立ってた。


あとは…知ってたのは同じくモデルのセフン?

うーん、思い出せない。

待合室ではそんなに目立つ人物はいなかったな…スホひょんくらい?



「遊園地のアイドルを作りたいらしい。

いわば、遊園地の顔だな。」

「おお…」



俺、アイドルになっちゃうのか…

まだ、実感が湧かない…



「で、特別枠が1人で合計9人だそうだ。」

「と、特別枠?!」



なんだそれ?!

オーディション出ないでアイドルとか一体何者?!



「遊園地にはどうしても必要な逸材らしい…」

「へぇぇ…」



そんなこと言われたら…

声を掛けてくださったとか、特別だとか思わなくなってしまった。



「一体どんな奴なんだろうなぁ…?」



スホひょんは首を傾げている。



「…ひょん。」

「ん?」



「俺、その8人より人気になって一番になります。」

「え?」





「絶対に後悔させません。」





あの、チャニョルの野郎が来ようが…なんだろうがっ

俺の持ってる全てを使って一番人気になってやるっ!





んでもって、待ってろよチェン!





然り気無くスホひょんに宣戦布告してることに気付いてなかった。






ベッキョン遊園地アイドルへの道…


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

神ボイス28

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

おまけ拍手
PageTop