fc2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

氷の国のシウミン【前編】

【シウミン・セフン】


シウミンお誕生日企画…

しうちゃんお誕生日おめでとう(´ω`)🎵






これは、僕が小学生の時のお話です。

とっても不思議なお話をします。




韓国も寒い寒い冬がやって来ました。




セフンは人より寒がりなので、外で遊ぶのが嫌です。

二重構造の窓際でぽかぽかした日光を浴びてうとうとするのが日課です。



しかし、今日は従兄弟のチャニョリひょん、ベッキョニひょんが遊びに来ていました。

…最悪です。



「セフン~雪だるま作ろうぜ!」

「…嫌だよ、寒い。」

「なんだよ~じゃあ、チャニョラー雪だるまつくろうぜ?」



セフンは雪だるま作りには参加せず…

窓から二人の様子を見ておりました。



従兄弟のチャニョルやベッキョンがせっせと

窓から見えるところにデカい雪だるまを作ります。

いつのまにはとてもとても大きい雪だるまが出来ていました。



「うわっ…」

「スゴいだろ?」

「セフン~、部屋にビー玉あったろ?

目を付けたい。」

と、ベッキョニひょんが言いました。


「あー…」



確かここにあったような…

と、引き出しを探して見つけました。



水色のビー玉が何個か引き出しに入ってました。

光に当てると反射してキラキラとします。



窓からベッキョンが顔を出して手を差しのべました。



「あ、あるじゃん♪

よこせ。」

「嫌。」

「は?」

「僕がつけるんだ。」



外には出たくない…

と、思いつつ、雪だるまに目を付けたくてその水色のビー玉をもって玄関まで回って従兄弟がいる窓際まで行きました。



「なんだよ~セフンいいとこ取り~」

「僕のビー玉ですから。」



ちょっとわがままを言っても二人は全然怒りません。

寧ろ、セフンが外に出てきて良かったみたいです。



大きい大きい雪だるまに、ビー玉の瞳を付けました。



「出来た♪」

「ってことで、雪合戦しよーぜ~!」



「え?!」



ベシャ…!

頭に雪をぶつけられました。



「チャ、チャニョリひょん~!」



セフンは外に出なければよかったと後悔しました。



その日の夜…

セフンは深夜までベットで起きていました。

今日泊まっているチャニョリひょんもベッキョニひょんは違う部屋で寝ています。




そう、夜は僕だけの静かな時間なのです。

外はガタガタと風が吹いていました。

ふと、外を見ると…




「あれ…?」




雪だるまが少し傾いています。

気のせいかな…?

吹雪のせい?





そのときはあまり深く考えていませんでした。





-次の日-



ベッキョニひょん、チャニョルひょんが帰ると…セフンは何となく雪だるまの場所に向かいました。


「あれ…」




ビー玉がない…?




雪だるまの下を探しても雪だるまの目にしたはずのビー玉が見つかりません。

セフンは一生懸命探していました。

しかし、辺りは真っ白でどこにも見当たりません。


もしかしたら、昨日の吹雪で飛んでいってしまったかもしれません。



「何してる?」

「ビー玉が…」



振り向くと誰もいませんでした。

僕は幻聴を聞いたのでしょうか?



「おい、ここだここ!」



声がする方…

そう、下を向くとなんと…ちんまりとした小さな小人がいたのです。




「お、お前俺の声が聞こえるのか?」

「聞こえますよ。」


しゃがんで彼をてのひらに乗っけました。



「君は…誰?」



視線を向けるとビックリしました。

その瞳はまさに、水色のビー玉が填められたようなブルーの瞳だったからです。

そして、雪のように白く透き通るような肌…



「氷の国からやってきた、シウミンだ。」

「…僕はセフン。」


「うん、知ってるよ。」

「知ってる…?」


僕は首を傾げました。



「初めて見たのが君だった。」

「へ…?」




「目を開けたとき、君が目の前にいたんだ。」




そう言われて、ちょっとドキドキとした。

あのビー玉を雪だるまに嵌め込んだのは僕だったから。




彼は多分、あの雪だるまなのかもしれない。




大きな大きな雪だるまから…

小さな小さな小人が僕の前に現れた。







お誕生日おめでとう。
しうちゃんにとって今年も素敵な一年になりますように(´ω`)


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

氷の国のシウミン【後編】

【シウミン・セフン】


シウミンお誕生日企画…






シウミンは、氷の国から来たようには思わなかった。

だって、今暖かい部屋であっついコーヒーを飲んでいる。


「わー、美味しい…暖かいとこんなにも香りが広がるんだ。

氷の国ではアイスコーヒーしかないんだけど、それがまた美味しくてね…」

「ふーん…」



夏ならまだしも、寒いのにアイスコーヒーの話はするだけで寒い。



話は全然聞いてなくてシウミンのことをやたらと観察していた。



確かに見た目は、白くて雪のようだ。

でも、今は暖かい部屋にいるし、暖かい飲み物を飲んでる。

不思議だ…



「セフン、お礼がしたい。

好きな食物はなんだ?」

「え?」

「俺が魔法で出してやる。」



「え?ほんと?

じゃーケーキ!」

「お安いご用だ。」



シウミンは、指を指揮者のように振りました。

すると、セフンの目の前にケーキが現れたのです。


「わースゴい!ってカチコチじゃないか!」

「カチコチじゃだめなのか?」

「食べれないじゃん~」



「ぬぅ…」


と、考え込むシウミンはそれをザクザクと魔法で切り刻みました。



「ほら、シャーベットケーキだ!」


切り刻まれたショートケーキ…

確かにアイスケーキとして食べれそうだが、見た目がとにかく雑である。


「シウミンって、料理できないでしょ…」

「うっ…」



セフンは、パフェ用の容器を持ってきてコーンフレークを入れたあと、お皿に切り刻まれたケーキを中に入れました。



「あ、あといちごが欲しいなー」

「お?おお。」


カチコチの凍ったいちごをシウミンが魔法で出すと、パフェの一番上に乗っけました。



「はい、出来上がり~」

「おお!」



「一緒に食べよう。」

と、セフンはシウミンにスプーンを差し出し二人で平らげました。



「そうか、氷の国の食物はセフンには合わないのだな。」

「合わないわけじゃないよ?

ただ固すぎると食べられないんだ。」

「なるほど…柔らかければ冷たくても食べれるのだな?」



「まぁ、そうだけど…」



寒いのに、冷たい食物の話をされてもあんまりぐっと来ないのは仕方がない。



「シウミンこそ、なんで暖かい飲み物が飲めるの?」

「知りたいか?」

「…うん。」



「もちろん、秘密だ。」

「なにそれ…」

「いずれわかるだろう。」




しかし、それはわかりませんでした。

聞いても教えてはくれませんでした。




シウミンは、それからも出不精のセフンの為にいろいろ外に仕掛けをしていました。

大雪が降ったあとは…



「わー、すごい。」



なんと、氷で滑り台や見たこともないお城が窓から見えました。



「大雪の日はこの世界での力が強まるんだ。

だから、沢山力を使うことが出来る。」

「遊んでもいいの?」

「もちろんだ。

あ、その前にあったかいコーヒーをもらおうか?」




「シウミンはほんとに暖かい飲み物が好きだね。」

「氷の国の国ではない貴重なものだからな。」




セフンは外で遊ぶのが楽しくなりました。

いや、シウミンと遊ぶことがとても楽しくなっていたのです。







しかし…

別れは突然やってきました。



外の雪は少しずつ溶け始めていました。



「シウミン、もうすぐ春だね。」

「春か…」




呟くように外を見つめるシウミンをみると、何となく透明になっているように見えました。



しかし、目をゴシゴシすると元に戻りました。

夜更かししてたから目が疲れてただけかな?



「シウミン、コーヒー飲む?」

「ああ」

「あったかいの?」

「いや、アイスコーヒーがいいな。」




「…」




シウミンはこのところアイスコーヒーばかり飲むようになりました。

暖かくなるにつれて冷たいものを欲するようになったのです。

更に心なしか元気もないように思います。



「セフン…」

「どうしたの?」


シウミンは窓の外を見ながら言いました。


「この世界はやはり素晴らしい…」

「え?」

「俺は氷の国の素晴らしさをセフンに伝えたかったのに…
いつのまにかこの世界に魅了されてしまった。」



窓を見ているシウミンは、段々と透けていきました。

目をしぱしぱとしても透明になったり元に戻ったりと揺らめいているように見えます。




「セフンを氷の国の住人に引きずり込もうとしていたのに…」

「え、ちょ…何を言ってるの?」



いきなり恐ろしいことを言い出してビックリしました。

まさか、そんなことを考えているようには思いませんでした。




「俺には無理だった。」




シウミンは、外を見ていた。

その先にはあの雪だるまが溶けかかってバランスが悪くなり、頭が落ちてしまいそうだった。




「セフンのこと、好きになっちゃったんだ。」




「え?」




胸がとくんと波打つ。

そんなこと、改まって言われたのは初めてだったから。




「長くここに居すぎた。

…もう、俺の体が堪えられない。」

「体…?」


手を差しのべるとスッと貫いてしまい触ることは出来ない。



まさか…

瞬きをすると彼は外に出てしまいました。

そう、あの雪だるまの中に入ってしまったのです。




「シウミン?!」





"さよなら…"





すると言い終わらぬうちにシウミンは消えてしまったのでした。




その瞬間、どさり…と、音がしました。

外の雪だるまは暖かさで溶けてしまったのでした。


ベシャベシャの雪をもう一度雪だるまにしようとしても形にはなりません。





「シウミン、シウミン!

シウ…うぅ…」






雪を握りしめると…

セフンはいつのまにか水色のビー玉を握っていました。





シウミンは氷の国に帰ってしまったのです。









FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

氷の国のシウミン-その後-

【シウミン・セフン】


シウミンお誕生日企画…




「へー…意外。

セフンがそんな話するなんてさ。」



はっ…

いつのまにか、友達のカイに喋っていた。


本を読んでいたカイの気を引くためにこんな昔話を話していた。




「お、面白いだろ?

ゆ、夢の話。」



そう、もうそれは現実だったのかさえわからなくなっていた。

本当に夢だったのかもしれない。

氷の国の小人の話。




「で、そのあとは会えたの?」

「いや…会えてない。」



そう、毎年あのビー玉で雪だるまを作ってもシウミンは現れなかった。

あれからもう数十年が経って僕は高校生になっている。



「夢の中の登場人物ってさぁ…いつのまにか忘れちゃうよね。

顔覚えてる?」

「え…?」



確かに思い出そうとしてもパッと出てこなかった。

ビー玉のような瞳と、真っ白い肌くらいしか…



「知らない間に出会ってたりして?」

「…そうかな?」



そうだといいなぁ…

そしたら、言えなかった返事がしたい。





"僕も好きだよ"って。





「って、セフンこんなゆっくりしてて平気?」

「あ、バイトだったわ。」


僕は鞄に教科書を積めた。


「あー、駅前のカフェだっけ?」

「そそそ!甘いコーヒーしか飲めないけどね。」



いつか、出会えた時にあったかいコーヒーを用意するんだ。

なんて…ね!




「頑張れ~」

カイが手を振っているのを見ながら教室を出て外に向かう。




************


「お早うございます~!」


よかった、ギリギリ間に合った!

と、思ったら…


「遅い、新人が何やってんだ!」



げっ…

ミンソク先輩じゃん…!



コーヒーに煩くて上下関係も厳しい怖い大学生の先輩だ。

ま、また一緒のシフトかよぉ…やだなぁ。



「おい、最低5分前には着替えてろよ~!

俺が帰れないだろ!」

と、交代する同じく大学生のチャニョル先輩が呆れている。



「すみまてぇん。

でも、ミンソク先輩には迷惑かけてないでつ。なんで怒られるのか…」

「お、おい!後ろ!!」


後ろにはミンソク先輩が仁王立ちしている。


「お前には冷たい冷たいお仕置きをしてやる…!」

「うわっつめたっ!」

と、キンキンに冷えたおしぼりを首に付けられた。



「ひ、酷い…チャニョリひょ~ん!」


僕はチャニョル先輩に抱きついた。


「酷いのはお前だろ~?

ラテアート教えてほしいってお願いしてたのお前なのに来ないし…!」



はっ…

そうだった…ラテアート!!

忘れてた(笑)


「今からでも教えてよ!」

「ミンソク先輩にお願いしといた♥

俺も今からデートあっから!ばいばぁ~い!」



スキップしながらチャニョリひょんはさっさと居なくなってしまった。



「げ…」

うそーん…



「ん?俺が教えるのは嫌か?」

「は、はい…」



「はい?」


ミンソク先輩は僕をキッと睨み付けた。


「い、いえ!教えてください!」

「最初からそう言えよ。

じゃあ、良く見てろよ?」




「…はい。」




何故かコーヒーカップをエスプレッソマシンを位置に付けて慎重に見つめるミンソク先輩を見ていた。


どっかで見たことあるような顔立ち…

気のせいかな…


横顔を見るとミンソク先輩の真っ黒い瞳が琥珀色に照らされる。



ビー玉、みたいだ。

肌も真っ白い。



「セフン見ろ、出来たぞ?」


ミンソク先輩はハートの形になったラテを見せた。


「わ…かわいい。」

「だろ?!上手くできたー!」


と、本人が思っているより良くできたようで子供みたいにはしゃいでいる。



「先輩もそんな無邪気な顔するんですね。」



「え?」

「かわいいです。」

「へ…?」



ミンソク先輩が真顔になった。



「このラテのハート」

「あ、ラテ。」



僕はミンソク先輩が持ってるカップに手を添えた。

ラテアートのハート、反対側だったから正面にして見たかったんだよね。



「それ、飲んでもいいですか?」

「も、もちろん…ぁ」


ぐっと顔を近づけると、ミンソク先輩の顔は真っ赤になった。


「美味しい…」

「ほんとか?」


ミンソク先輩はじっと僕を見ていた。


「なんですか?」

「え?」



ミンソク先輩は動揺している。

なんかいつもと違う。

いつのまにか僕たちの距離は縮まっていた。



「そ、その手離してくれる?」

「え?」



僕は、ラテアートを見てそのまま一口飲むまでずっとミンソク先輩の手の上に手を添えたままだった。

だから、ミンソク先輩は離れられなかったのだ。



「あ、すみません。」

「い、いや…は、早く飲んじゃって」



ミンソク先輩は思ったより小さかった。

抱き締めると丁度いいくらい…




真っ赤なままいそいそとカウンターを拭き始めた。




「いきなりこんなこと言うと変かもしれないけど…

俺、セフンとどっかで会った気がするんだ。」

「え?」



カタッ

僕はコーヒーカップを置いた。



「…道ですれ違ってたとかかな?」

「僕もです。」





「え?」

「僕も、会ったような気がします。」






【おわり】


お誕生日企画なのでいい感じで終わらせます…

お互い覚えてないけど、出会えましたという話でした。


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

人間界のセフン01

【シウミン・セフン】


『氷の国のシウミン』

-その後-の、その後編


セフンお誕生日企画…!

セフンちゃん、お誕生日おめでとう!

ってことで、お待たせ?のシウミン誕生日からの続きです。





シウミンはセフンの前から消えたあと氷の国に戻りましたが、すぐに閉じ込められてしまいました。

人間界に心を奪われた者として、再び氷の国の心を取り戻すために氷の檻に閉じ込められるのです。




氷の檻はとても狭く息苦しいので数日いれば、耐えられず人間界のできごとは消え去ってしまいます。




しかし、シウミンは氷の檻に閉じ込められていてもセフンを忘れられませんでした。

目を閉じれば鮮明に思い出せるのです。




檻の中で毎日毎日お願いすると…

女神様が空から現れました。




「BoA様…」

「シウミン、どうしても人間界へ行きたいのね。」

「はい。」




「シウミン、良く聞いて?

私たちは永遠の世界で生きているの。」

「永遠の世界?」




「そう、何もかもが変わらない永遠の世界。

しかし、人間は時の世界で生きている。」




「時の世界?」




良くわからなかった。

"時"とは一体なんなのだろう?



「巡り巡る変化していく世界、それが時の世界よ。」



自然と首を傾げると、女神は微笑む。



「こうしている間にも彼はどんどんと年を重ねあなたを忘れてしまう。」

「わす…れる?

だって今さっきまで一緒にいたのに?」


俺を、忘れてしまう?

何故、どうして?


「人間界はそれだけ目まぐるしい変化が起こる世界なの。

出会ったことは一瞬のように過ぎ去ってしまうわ」




「それでも構いません。

時の世界に行かせてください。」



セフンが覚えていなくても構わない。

俺が覚えていればいいんだ。



「今の記憶と引き換えよ。」

「え?」







「今までの記憶は全て消えるわ。」













俺は、キム・ミンソク。

コーヒーが大好きでカフェでバイトしている。



隣にいるのは新しく入ってきたバイトの高校生のオ・セフン。

どこかであったことあるかもって思っててちょっと気になっていたんだけど…

明らかに俺を嫌ってる態度が鼻に付いてこっちもそれがきっかけで苦手だった。



最近は、シフトも被ることも増えてなんだかんだ上手くやっている。




「ミンソク先輩」

「…」

「ミンソクせんぱぁい~」

「わ、ビックリした!」



「ぼーっとし過ぎですよ!」

「ご、ごめん…」


セフンはふざけて俺に冷たいおしぼりを首筋に押し付けた。


「え?!全然効かない!?」

「…俺、冷たいの平気なんだよね。」



そうなのだ。

不思議と面白いくらい、冷たいのが平気である。



暑いのは苦手だ。

もちろん、コーヒーは別。



「へー、僕の知り合いに似てますね~」

「え?そうなの?」

「人間じゃないけどね♪」



ふざけてぺろっと舌を出すセフン。

からかわれたとわかってつい手を振りかざした。



「おい!

どーゆーことだよ!」

「わー、いじめでつよ!」



手で防備しながらにやにやしてるセフンを見ると俺も自然と笑みがこぼれる。

俺より背も高いし見た目は大人っぽいんだけど中身はやはり高校生だ。

かわいいなぁ…と、思ってしまう。




カラン…

「「いらっしゃいませ」」



セフンが、「あ。」

と、言った。



「あ、オッパいた。」


俺のかわいいかわいい妹である。

そのあと、きゃーと黄色い声がする。


「「セフン先輩こんにちは~」」

「こんにちは。」



俺の妹は、友達をぞろぞろ連れてきた。


「きゃー、ほんとにセフン先輩だ♪」

「ね、お兄ちゃんとバイト被ってる可能性高いっていったっしょ?」


部活帰りの妹は、沢山友達を連れてカフェにやって来た。


「他のお客さんに迷惑かけるなよ?」

「わかってるって!
私はお兄ちゃんに悪い虫がつかないように監視しないといけないからね♪」



「全く…」



そんな事言って、ほんとはセフンが目的であるのはわかっている。
しかし、妹の恋路は邪魔できない。

セフンはにこにこと妹を見つめていた。


ちくんっ

と、ちょっとだけ胸が痛む。






ふたりが両思いだったら…どうしよう。

…なんて。







♪Happybirthday♪

いつのまにやら見た目がどんどんと男らしくなるせふんちゃん…
これからも成長が楽しみです…♥




FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

人間界のセフン02

【シウミン・セフン】


『氷の国のシウミン』

-その後-の、その後編-




ミンソク先輩のことが気になってからはシフトが被るように調整したり、仕事中に暇さえあれば話しかけていた。



そう、どこで会ったのか気になっているのである。

どこかで会ったことあったことはあるはずのにそれがどこか思い出せない。

さらに仲良くなってあわよくば聞いてみたいんだけど最近は普通に話しかけるのも上手くいかない。




そう、それは…




********



「え?

妹に嫌われてる気がする??」




学校での昼休み、僕の呟きを聞いてカイはぶはっと笑った。


「うん、だって睨み付けてくるんだ…。」

「見つめられてるの間違いじゃない?」

カイが茶化したがスルーした。



「いや、違うと思う。」



初めて会ったときは好意的なのかなって思ってたんだけど…

何回か来るようになってちょっと様子が可笑しい。


なんとなーく、ミンソク先輩に話しかけるなオーラを感じるのだ。

でも、僕はミンソク先輩の妹に嫌われなくないから必死だ。

極力笑顔で対応する。



さらに、連れてくる友達がミンソク先輩に好意を持たないように全て自分に向くようにやたら優しく接している。




正直、疲れる…ぅ




「お前、バイト先だと学校で会うより優しいって聞いたぞ?

話しかけやすいんだって、俺も行っていい?」


「だ、ダメに決まってるっ!」





カイなんかきたら、また女子が増えるし

それに…ミンソク先輩に会わせたくない!












「セフン、来ちゃった♪」


って、言ったくせに来た。

女子ばっかりだから気兼ねすると思いきや…結構堂々としてて…



「へー、セフンのお友だち?」

「はい、カイです。

初めまして…」



注文を受けたミンソク先輩とばっかり喋っててむかつく。

僕は僕で女の子たちが話しかけてきてそちらにはいけないし…




すげーストレス…!!




「…じゃあ、オレンジショコララテがオススメだよ。」

と、カイに向かって笑っている。


「あ、それがいいです!」


ミンソク先輩がオーダーをとったと同時に入れ換えでカイの元へ向かった。


「…何喋ってたんだよ」

「コーヒーは苦いから無理って言ったら甘いやつのオススメしてくれた♪」

「なっ…」



苦いからとか…コーヒーを全否定したのにミンソク先輩のオススメとか…!!

ず、ずるい…!



「飽き性のセフンが続けてる理由わかったわ。


「え?」

「先輩優しいからだろ?

コーヒー嫌いだからカフェでバイトってないなーって思ってたけど、俺も働きたいかも♪」

「なっ…今はバイト募集してないから!」

と、カイに言い捨てて戻るとミンソク先輩はココアを作ってて…




「見ろ、可愛くできただろ?」

「!」



「セフンのお友だちだからちょっと頑張って作ってみた。」



なんとミンソク先輩はカイのオレンジショコララテに可愛くチョコアートしていたのだ。

しかも、カイが好きなくまの絵だし…!



カイの喜ぶ顔が目に浮かぶ。



「これ、友達に持ってってくれる?」



いいな、いいな…ずるい!



「く、くまとか…ちょっとやめた方よくないですか?」

「え?」



何とも言えない気持ちが充満して…

心ない言葉が出た。




「だって男にくまとかちょっと…

恥ずかしいですよ。」

「…」




何も答えないので、ミンソク先輩を見ると…




「…そうだよな、ごめん。」




あ。

やばい。





傷つけた。









FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop