fc2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

風と太陽と俺no.126

【カイ・シウミン・セフン】



##シウミン##


「…ミンソギ」


玄関で靴を脱ぐと後ろから抱きしめられた。
一段上がると、セフンと少し背の高さが近づく。

「セフン、靴脱いで…」


抱きしめたまま動かない。


「セフニッ…んんっ」


振り向くとキスされる。

押してくるから倒れそうになると、後ろから頭を大きな手で支えられて逃れられない。


「だ、だめ…待って」


流されそうになり、パシパシと肩を叩くと体を離したから洗面所に逃げた。
手を洗ってると洗面所に無理やり入ってきた。


「まず、まず手を洗ってうがいっ」

「…わかってますよ。」



素直に手を洗うセフン。

それを確認してリビングに向かった。


“いっぱい触れていいですか…?”

それって、やっぱり、そーゆー…?!


どうしよう…
少し落ち着こう、うん!
 

俺は洗面所を出てキッチンでビールと食べれそうなインスタントや冷凍食品を物色していた。



「セフニ、お腹空いただろ?」



ここは、一旦食欲を満たしてもらえば…いいっ!



「冷凍餃子ならすぐに出来…」


ぎゅっ 
無言で抱きしめられた。

 

「ミンソギがいい。」



かぁぁっ
何でこんなに今日はこんな素直なんだっ!


「ちょっ…!」


抱きしめられて、背中を撫でられてシャツの中にセフンの手が入り込む。
冷たい手が俺の背中の温度で熱を帯びてく。


「ま、待ってセフンっ」

や、やばい…流される前に言わないとっ

「…まだ待つの?」


うっ…

図体は大きいのに、なんだこの寂しそうな顔はっ
仕方なく俺は恥を忍んで言うことにした。


「ただ、俺その…まだ、そーゆーこと最後までしかたことなくて……知識がないんだっ」


ああ、もう…年上なのにカッコ悪い…
恥ずかしくて顔を手で覆った。


「煽ってます?」

「…え?…わぁっ」




俺はセフンにお姫様抱っこされて寝室に運ばれていた。





短くてすみません…

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

風と太陽と俺no.125

【カイ・シウミン・セフン】


##カイ##


ツーツー… 


「あ、切られた。」


控室の近くの外で電話をしていた。

チケットはちゃんとミンソギに渡っていたようで安心した…が、


「あー、もうセフンの奴っ」


思ったより、嫉妬深い。
携帯電話に向かって文句を言ってると隣にテミンが立っていた。


「…恋人と来てたでしょ?」


ビクッ


「見えてたのか?!」

「うん、いちゃいちゃしてたよ。」

!!

「流石にそこまで見えないだろっ」

「あは、動揺してる。」

「してないっ」
 

「ばっかだね。
じゃあ手放さなきゃよかったじゃん。」


…それは確かに正論、でもっ


「僕は後悔してないよ。
今日のステージは最高に気持ちよかった。忘れかけてた気持ちが再燃してきた。」


「…両方得ようとか思わなかったわけ?」


  
「二兎追うものは一兎も得ず、だろ?」

「ふふ、そーゆーとこ好き。」


にっこりと笑うテミン。

?!



「おい、飲み会の場所決まったから異動しろー!」

控室の扉が開いて、仲間に声をかけられた。


「お、荷物取ってくる。」


テミンより先に走り出す。


でも、


「ちょーっぴり期待してたんだけどなぁ。」



ミンソギがもし好きだ言って来てくれたら…
全てを僕は投げ出してしまったかもしれない。



「何を期待してたの?」
 

げ、聞かれてたっ


「んー、なんでもないっ」

「ジョンイナ完全失恋ってことでオケ?」

「え?!何だよそれっぐえっ」


後ろからテミンに飛びつかれた。


「大丈夫~、僕が癒やしてあげるから。」


テミンに頭をわしゃわしゃと撫でられた。

ドキッ


「はいはい~、今日はとりあえず飲もう!」




完全に吹っ切れたわけじゃない。
でも、どこか心に区切りがついたように感じた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

風と太陽と俺no.123

【カイ・シウミン・セフン】



##シウミン##


セフンとはその後、何事なかったかのように過ごしていた。


『気持ちの切り替えはすぐに出来ない。』


そう言ってしまったからだ。   
何の話をしていいかわからないまま、コンサートの当日を迎えてしまった。

その日は仕事をお互いに休んだ。
セフンと当日関係者入口で待ち合わせした。
 
久々に二人きりだ。
緊張している。

「ミンソギ…」

「ん?」

既に2階席や天井席にも沢山の人が溢れていた。

「人、すごいですね。」

「…うん。」


ジョンインはこんな凄い場所でダンスをするんだ。

「ミンソギ、あの…」


セフンが言いかけたとき、音楽が大きくなった。
照明も薄暗くなり、ペンライトの光が引き立てられた。
そして…メインステージの画面に映像が流れ…
コンサートが始まる。

俺はミニョンがアイドルになった時に用意していた双眼鏡で暗闇の中動く数人を探し出す。


あっ…!

ジョンインだ。
仮面を被ってるから合ってるかわからないけど…一人だけお腹を見せる服を着せられてるから目立つ。

クラブで見た時も凄かったけど…体が靭やかに動く。
体も絞ったのか短期間で更にスタイルが良くなってる。

ジョンインはバックダンサーとして
名前を呼ばれていた。
その時にやっと、顔がアップになった。

踊ってるときの挑発的な笑顔で、歓声が聞こえた。
確実に今のでファンになった人もいるに違いない。

そしてテミンも名前を呼ばれ、ジョンインと二人でダンスバトルのような自己紹介が始まる。


…なっ!


勘違いかもしれないけどテミンがこっち見たような気がする。
余裕たっぷりじゃないかっ

時間は、あっという間に過ぎた。
ジョンインは緊張が解かれたのか泣いてしまっていた。

最後のMC前に退出をお願いされた。
出口が混み合う前に出たほうがいいらしい。
あと一曲残っていたのは残念だが、それに従うことにした。


「最後まで見たかったですか?」

「うん…」


もう見ることが出来ないなら見たかったなと思った。
多分そのままKING S-MAN率いるダンサーメンバーと遠征に行ってしまうんだろう。


「そういえば、始まる前に何か言いかけたよな…んっ」

セフンの方に顔を向けたら、言い終わるうちに唇が降りてきた。


「ちょ、ここ外だぞっ」

「誰も見てないですよ。」


慌てて口を手で押さえたが、アンコールの最中でほとんど人はいない。

音漏れを聞いてる人は数人いたが、こちらなんて見ていなかった。


「でも…!」

「僕だって不安なんです。
あの日から今日まで全然話もしてないし。」

「…確かにそれは悪かった。
どんな顔して話せばいいかわからなくて…ごめん。」

俺は、頭を下げるとそこまで怒ってなさそうに気難しい顔をしているセフン。
 
「仕方ないですね。
今からご飯奢ってくれるなら許しますよ?」


そのふにゃとした笑顔に安堵した。



「…ああ。」


すると、丁度良く携帯が鳴った。
慌てて出る。


「ジョンイン?!」

『ミンソギ、もう会場出ちゃいましたか?』

「え?あ、うん、まだ近くにいるけど…」 

『よかった、打ち上げ参加しませんか?』

「え、打ち上げ?!
流石に部外者だし…」


挨拶はしたかったけど…


『大丈夫ですよ、是非来てくださ…「行かないよ!」

 
ブチッ

電話を奪って更に掛かってきた着信を切り、電源を落としたセフン。


「せ、セフナ…流石にちょっとそれは…!」

「ジョンインに弄ばれてますよっ」


「えぇ?」


セフンは冗談を言ってるように見えなかった。


「僕を選んだこと、後悔してる?」

自信なさげなセフン…
少し前まではこんな顔しなかった。
俺がそうさせてしまってる…


「セフン」


俺は外にも関わらず、セフンの服を掴み自分から口に触れるキスをした。
びっくりして目を大きくするセフン。



「不安にさせてごめん。」



そして、人が来る気配がするまでセフンを抱きしめた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

風と太陽と俺no.122

【カイ・シウミン・セフン】
  

##セフン##


仕事中はずっと封筒の中身が気になって仕方がなかった。 
別れたとジョンインは言ってたけど、まだ好きだとかヨリを戻したいとか書いてあるんじゃないかなどと良からぬことしか考えてなかった。

封筒の中身を確認したい気持ちに駆られる。
…が、そうしないためにミンソギに約束を取り付けた。


もう、卑怯なことはしないと決めたのだ。


しかし、何故別れたんだろう?
ミンソギが別れを切り出したとしても、ジョンインが納得するはずない。
ジョンインから別れるなんて考えられない。

いや、待てよ?
夢にが叶いそうだからミンソギを捨てた?

もやもやする。
そして、イライラする。

僕はヨンホに連絡し、ジョンインの居場所を確認した。
封筒一枚で終わらせるなんて最低野郎め。
知らぬ間に、僕の中でジョンインは悪者になっていた。

ミンソギは、直接会うことも出来たのに、手紙を見たいと言われて家に行くことになった。
早く見ればいいのに、呑気にコーヒーを入れようとする。

僕は我慢の限界だった。


「開けますよ…」


そして…

ジョンインの短い手紙と、チケットが2枚


「随分勝手ですね。」


何が…集大成だ、二人で見に来い?
無神経過ぎるだろ…!


「やっぱり殴り込みに行くしかっ」

「せ、セフナッ」

苛立って思わず立ち上がったのに、腰を掴まれて動けなかった。

「お、落ち着いてっ」

「でもっ…!」

ミンソギを引きがしてでも、ジョンインに会いに行くつもりだった…が、しかし…

「俺、セフンが好き」

「…てのが、態度に出てたみたいで。」


一気に力が抜けてしまった。


「なんか、横から見てて気づいてたって…」

今、好きって言った…?

「ほん…とに…?」
 

ミンソギはこくんと頷く。


「だから、別れを告げられちゃったんだ。
ジョンイナは悪くなくて俺が…」

説明が欲しいのはそこじゃない。

「僕のこと好きなの?」

「ぅ…」


真面目に聞いたら、ミンソギの顔がりんごみたいに赤くなった。

ああ、本当なんだ…


「せ、セフン、近い…!」

引き寄せられるように近づくも逃げられてしまった。


「ずっと待ってたんです、ちゃんと教えてよ。」


僕は真剣に言った。
ジョンインと付き合ってるのにまだ諦めきれなくて、ただ普通に話せればいいと思っていた。



「好き、だよ…」
            


ミンソギの目がうるうるしていて、思わず抱きしめた。
お酒の匂いと、香水の匂いが混ざり合い軽く酔そうになる。

もう、こんなに近づくことは出来ないと思っていたから…
尚更、匂いを強く感じるかもしれない。
このまま時が止まればいいとさえ思ってしまう。


「せ、セフナ…!」


ミンソギは僕を押し返した。


「どうしました?」

嫌がってはないはずなのに…


「まだ、そんな…すぐに切り替えられないよ。」


確かに、ミンソギはいきなりジョンインに振られたのだ。
ずっと待ってた僕とは違うかもしれない。


「…わかりました、ミンソギの気持ちが整うまで待ちます。」

「えっ?」

そして、テーブルに置いてあるジョンインのチケットを手にする。



「でも、これは一緒に行ってもいい…ですよね?」



ミンソギは、コクリと頷いてくれた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おまけ拍手
PageTop

風と太陽と俺no.121

【カイ・シウミン・セフン】



##シウミン##


仕事が終わり支度を済ませたあと外に出ると
セフンは、すでにタクシーを呼んで待機させていた。
俺は素直にそのタクシーに乗り隣にセフンが乗る。

セフンは事前に場所を伝えたのか、ドアを閉めたあとタクシーは走り出す。


どこへ?と、聞く前にセフンから声を発した。


「…ジョンイナのいるスタジオに向かいます。」

「え?」

「ヨンホに調べさせて場所はわかってます。
今、リハーサルが終わったようです。」

「ちょ、何しに行くつもりだよ?」


セフンが拳を握った。


「ミンソギ、ジョンインを殴り込みに行きましょう!」

「ちょ、ちょちょ、待ったぁ!
停めてくださいっ」

「…てのは、冗談です。」

「冗談かよっ」


はぁはぁ…
知らぬ間にセフンのペースに…


「運転手さん大丈夫です、進んでください。」


タクシー運転手はスピードを緩めたのが
セフンの一言で再びスピードを戻した。

小言の一つくらい言わないと苛立ちが治まらないっ


「おまっ…」

「でも、話したいですよね?」

「っ?!」


さっきからセフンはなんかおかしい。
昨日は、『嬉しいのに距離を取りたい』と、俺の矛盾する発言の理由を聞きたいと言ってたはずなのに…
まさか…


「もしかして…ジョンイナに何か言われたか?」


少し考えたあと、口を開いた。


「別れたと聞きました…」


あああ…
俺は頭を抱えた。


「別れたんですよね?」
 
「うん…」

「納得してます?」

「うん…」


納得してるかと言われると少しまだもやもやしている…と、言うのが正しい。


「やはり、直接会うべきです!」


確かにセフンが言ってることは正しい。
でも…


「多分、ジョンインの答えは変わらないから。」


そうなのだ。
だから多分会っても無駄だろう。


「とりあえず俺の家で話そう。
その封筒の中身も知りたいし。」

「…わかりました。」



セフンが渋々頷いたあと俺は、タクシーの運転手に自分の住所を伝えた。










「コーヒー…いや、カフェラテがいいか?」

「ありがとうございます。」


リハーサルをしてるジョンインの邪魔するのを阻止するべく家に呼んでしまったが、少し気まずい。



「封筒開けますね。」

「ちょっと待ってっ」


…まだ、心の準備がっ


「じゃあ、僕と距離を取りたい理由を教えてくれます?」

「それもちょっと…あ!」



セフンは、封筒を開けた。
そこにはチケットが2枚と手紙が一枚。


セフンは、手紙を広げ俺に向けた。


『ミンソギへ


コンサートチケット2枚プレゼントします。
僕の今の力の集大成を出し切るつもりです。
セフンと是非来てください。』

『p.s.ミンソギに出会えてよかった。』


「…ジョンイナ」

「随分勝手ですね。」


セフンは手紙を読んで怒ってるように見えた。


「やっぱり殴り込みに行くしかっ」

「せ、セフナッ」


俺は立ち上がるセフンの腰を掴んだ。


「お、落ち着いてっ」

「でもっ…!」

「俺、セフンが好き」

「!?」

「…てのが、態度に出てたみたいで。」


すると力が抜けたのかセフンがストンと椅子に座った。


「なんか、横から見てて気づいてたって…」

「ほん…とに…?」
 

俺は頷いた。


「だから、別れを告げられちゃったんだ。
ジョンイナは悪くなくて俺が…」

「僕のこと好きなの?」

「ぅ…」



あぁっ、
隠してきたのにさらっと言ってしまったっ

また、弄られるんだろうか?
目を瞑って次の言葉を待ち構えていたが、何も返ってこないので目をゆっくりと開けたらセフンが目の前にいた。


「せ、セフン、近い…!」


顔を逸しても、セフンの顔は近いままだ。




「ずっと待ってたんです、ちゃんと教えてよ。」




なんだが辛そうなセフンに胸が苦しくなった。
煮えきらない態度でセフンを振り回してたんだって気づいた。

 


「好き、だよ…」
            


  
色んな心情を取っ払い…
やっと素直に言うことが出来た。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おまけ拍手
PageTop