坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

神ボイス09

【チャニョル・ギョンス】

妖精さんは僕のものスピンオフ
ニョルドの場合…

チャニョル:ジュ○ン2位売り出しモデル
ギョンス:声優の卵



[ギョンス]



「ディオ様ですか…?」



様…?

そんな風に言われたのは、オムニバスの"方言男子"の仕事を終えたあと、BLのドラマCDの仕事を何回かした時だった。


「そうですが…」

「は、初めまして!

今回の相手役のテイルです。」


スラッとして笑顔が爽やかな青年。

人懐っこそうなオーラが漂う。


「ディオ様の声、ダニエルぴったりですよね…俺何回も聞いてます。」

と、握手を求めてきた。

そのBLとやらの漫画のファンなのだろうか?



「あ、ありがとうございます。」

「僕、こーゆーの初めてなんです…ほんとはディオ様みたいな攻役になりたいんですけど…

でも、ディオ様に初を捧げられるなんて…」



初…を捧げる?

そんな大袈裟な…とは、思ったが俺も受側の仕事はしたことがない。



「お互い頑張りましょう。」

「は、はい…!」



そう言って手を握りしめた。

今思えば…あのときに初を誰かに捧げればよかったのだ。




俺は、あまりにも無知だ。












チャニョルを放置して一人でシャワーを終わらせたあと部屋に戻ると…
ベッキョンがごろ寝していた。



「どうした?」

「どうしたも、こうしたも…セフンがぁ~」


と、ばたばたし始めた。


「…セフンが?」

「一緒に風呂に入ってくれない。

恥ずかしいって。」

「…なんでそもそも入る必要がある?」

「え、だって寂しいじゃん。

だから、ギョンスぅ~入ろ?」



ベッキョンは俺の腕をぎゅっと抱き締めた。



…風呂場は体を洗う。

寂しいという感情は芽生えたことがない。



「今シャワー浴びたばっかりだ。」

「ちぇ~、チャニョルはカプの時入ってくれたぞ?」



む。

チャニョルと…風呂に?



「じゃあ、チェンは?

今、レイは中国でドラマ撮影だったし…一人じゃないか?」

「え、えーーーー?!

そ、それは…ま、まずいよっ…こ、心の準備が!!」

と、顔を赤らめる。



「はぁ?」



コンコン…

すると、ドアは開きセフンがやってきた。



「すみません、うちのひょんが…」

「わ、セフンっ…!!」

「ほら、お風呂行きますよ~」

と、ずるずる引っ張れた。





…なんだったんだ?






茶番です。


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(≧∇≦)

甘えん坊の ワンコ
ベッキョンが クンクン
鳴いてるぅ〜
そのまま 引きずられて
お風呂に 入ったんでしょうか?
覗きたい (//∇//)← 変態

rabikina | URL | 2017-11-13(Mon)09:52 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-11-13(Mon)12:25 [編集]


Re: (≧∇≦)

rabikinaさん

邪魔しに来たのかな…笑
何しに来たのでしょう…
お風呂でいたずらされないといいですけど←
ギョンスはとりあえずムカムカしてると思います。
チャニョルはもうすぐ終わるかな←なにが。

日色 | URL | 2017-11-13(Mon)18:33 [編集]


Re: 鍵コメFさん

私の処置で放置です。←酷い。
ギョンスは用途がわからなかったみたいですね。
漫画を熟読しないと←おい。
親父ですみません…
なんでこんなことに…笑
テイルくんは友情ですね…ベル役可愛かったから♥
EXOもカップルであーゆーのやってほしい…。

せふんはひょんを大切に大切に洗ってあげてると思いますよ…←

日色 | URL | 2017-11-13(Mon)18:37 [編集]