FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

風紀委員の憂鬱60

【セフン・シウミン】

風紀委員×不良

風紀委員長…ジュンミョン
風紀副委員長…ミンソク
風紀委員…ギョンス

不良level10…セフン
不良level5…チャニョル
不良level1…ジョンイン



[シウミン]



「こんばんは。」



放課後にくると言っていたセフンを身構えていたが…来たのはギョンスだった。


「ギョンス、どうして…?」

「ミンソク先輩が落とした携帯、渡しそびれてたので…」

「あ…」


そうだった。

あの部屋でジュンミョンに携帯を投げ飛ばされたのだ。


ギョンスが拾ってくれていたらしい。



「…とりあえず上がって?」

「すみません。」


俺はギョンスをリビングに案内した。


「コーヒーでいいかな?」

「恐縮です。」


お昼に作ったコーヒーを温める。

ギョンスと向かいで座る。


「あ。携帯確認してください。」

「ありがとう。」



俺は袋に入れられた携帯を出して確認する。

携帯は電池が切れていた。



「…充電、しなくて大丈夫ですか?」

「大丈夫、あとでする。」


コーヒーが温まるまでまだ時間がある。


「昨日は…ありがとう、本当に助かった。」

「いえ…」

「でも、どうして居場所がわかったんだ?

…この携帯だって、あの場に落としたはずなのにどうしてギョンスが…」

「…それは、警察に伝があったと言っておきます。」




彼は謎な部分が多い。

チャニョルの件もそうだ。

何故手懐けているかも気になる。




「もっと早く気づくべきでした。

申し訳ないです。」

「いや、俺のせいだから…」



そう、俺が悪い。

一人で行動するべきじゃなかった。

でも…



暫しの沈黙のあと、ギョンスが言った。




「…でも、何故ジュンミョン先輩に会いに行ったんですか?」

「え?」



どきりとする。



「…セフンの携帯をジュンミョンから取り戻したかった。」




だから一人で動いたのだ。

誰にも知られたくなかった。




「…セフンの為ですか?」

「セフンの為じゃない。

…自分の為だ。」



ギョンスは俺を見つめる。



「そうでしょうか?」

「え?」

「少なからず…セフンのこと庇っているように見えます。」

「…そんなわけ」



コーヒーが温まったのを見計らって立つ。

ドキドキしている。



ギョンスは何処まで知っているんだろうか?

俺はコーヒーを二人分注いだコーヒーカップを持っていく。



コトリ…




「すみません、質問を変えます。

ミンソク先輩は、セフンと特別な関係なんですよね?」

「え…?」




「ジュンミョン先輩に薬を盛られたのをわかってて、セフンだけを呼びつけてた。

…無意識かもしれませんが。」




ああ、ギョンスにはやはりばれていた。

わかってて二人にしたんだ。




「セフンが昨日、ミンソク先輩を送ったあと家から出てこないと聞きました。」

「…見張ってたのか?」

「たまたまです。」



たまたま…?

本当に?



「俺とセフンは特別な関係じゃない。

ただ、二人に迷惑を掛けたくなかっただけ。」


「セフンなら迷惑かけていいんですか?」




ギョンスは瞬きせずに俺を見た。

ああ、どう答えればいいんだろう?





喉をごくりと鳴らす。





「ああ、そうだ。

あいつは俺に借があるから…迷惑かけていいと思った。」




ギョンスがコーヒーを口にした。

彼は俺を軽蔑するだろうか?




「じゃあ、酷ですね。」

「え?」






「ミンソク先輩はセフンに関わらない方がいいと思います。」








お返事遅くなって御免なさいm(__)m
お話もなんか悩んでて書けず…


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まるで

ギョンスには
全て お見通しのような…
ギョンスの存在も ナゾ (>_<)
的を 突いてきて
ドキドキしちゃいますね
警察に伝って…
とても 頼りに なりそうだけど
セフンとの事 全部
話せないしねぇ
でも ギョンスの
事情聴取は 厳しそう(゚д゚lll)

rabikina | URL | 2017-12-30(Sat)16:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-12-31(Sun)16:41 [編集]


Re: まるで

rabikinaさん

ギョンスとチャニョルの関係…
は、本当に色々考えててですね。
ジュンミョンの時についに…こうしよう!
と、決めました。
どっしりとした余裕のある感じで書いてます。
かっこよく…チャニョルは情けなく…⬅
ギョンスは一応シウミン氏を崇拝してます。

日色 | URL | 2018-01-02(Tue)20:59 [編集]


Re: 鍵コメFさん

ギョンスは確かに冷静な判断が出来る感じです。
チャニョルもそこに惹かれちゃったのかなぁ?
ギョンスの、正体は楽しみにしててください。
しうちゃんは、そうねぇ…
常識からは外れない、外れられない…って感じです。
セフンへの想いが勝って欲しいですが…
どうにも出来ないですよねぇ。

こちらこそいつもありがとうございます。
毎日書くことが趣味なので気になさらないでください。
コメントをいただけるのは本当にありがたいですよ!
お話にやる気も出ます!!
今回のお話は苦戦中です…笑
今年も心のオアシスになればと思います♥…⬅

さいたまアリーナですねー!
カイくんにやっと会えますね♪今から楽しみ!

日色 | URL | 2018-01-02(Tue)21:14 [編集]