FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

風紀委員の憂鬱66

【セフン・シウミン】

風紀委員×不良

風紀委員長…ジュンミョン
風紀副委員長…ミンソク
風紀委員…ギョンス

不良level10…セフン
不良level5…チャニョル
不良level1…ジョンイン



[シウミン]



今日は風紀委員会がある水曜日だった。

行かなくていいはずなのに、気になっているとジョンインから連絡があった。



"今日、放課後話がしたいです。"



正直有り難かった。

いい理由がついたのだ。



"いいよ、どこに行けばいい?"



しかし、その返事は返ってこなかった。

仕方がないので授業が終わると一年の教室に向かう。


バタバタと皆帰っていく最中…

丁度二人が教室から出てトイレに向かっていたのが見えた。

セフンは出来るだけ避けたい。
トイレの出入り口で待っていよう。



そう思っていたが…



「ふざけるなっ…!」



その声で何事かと思い、トイレの出入り口を覗く。

「あはは。セフンって、こんな風に怒りを露にすることあるんだな。」

「いいから、言えよ。」



喧嘩…?



「言わない。」




止めようとして一歩踏み出るとジョンインと目が合う。

彼は笑って頭を横に小さく振る。




「勿体ぶらずに言えよ。

"付き合った"って。」

「え?」

「"俺に2度と会うな"って。

今言えばいいだろ?」



「…いいのか?」



首を傾げ、俺の方を見た。

俺の…話?



なんで、ジョンインと付き合っていることになっているとか…

なんで、セフンがこんなに怒ってるんだとか色々頭の中で巡っていたが…



「渡したくない…」

「え?」



「…俺からミンソクを奪わないで。」




その一言で…

胸がとくんとくんと鳴り響く。



何なんだよこれ…




「ですって、ミンソク先輩。」



ジョンインが俺を見る。

セフンがやっと振り向いた。



「ミンソク…先輩?」



セフンの顔が紅潮した。
どうやら俺に気付いてなかったようだ。

突っ立ってるセフンからすり抜けて俺がいる出口へ向かってくるジョンイン。



「あ、ちなみに付き合ってないから。

したってゆーのも…」



「わっ!」



ちゅっ…

おでこにキスされた。



「キスだから。」



ふ、不意打ち…

思わず顔が熱くなる。



ジョンインはセフンを見ていたが再びこちらを見た。



「これぐらい、許してくださいね?」



にっこり笑われるとなにも言えなくなる。

固まってるとジョンインが外に出た。




「あーあ、お洒落なカフェで喋ろうと思ってたのに…

全部ここで喋っちゃったので帰りますね。

あとは二人でごゆっくり。」




ジョンインは俺たちを取り残しあっさりと居なくなった。




お互いの微妙な距離感。

そして、何とも言えないトイレの静かさ…



気まずい…

と、思ったらセフンが俺に近づいてきた。



「場所、変えませんか?」



そうだ、まだ話さないといけないことがある。

俺は頷きセフンと廊下に出た。

下駄箱まで行くと、なんとギョンスとチャニョルがいた。



「先輩、お忘れですか?

今日は委員会ですよ。」

「…ギョンス」



昼休み、そのまま帰ったのはわかったと言う意味じゃなかったんだろうか?



セフンが俺の手をぎゅっと握りしめた。

俺はセフンに引っ張られる。

そのまま外に出た。




「ミンソク先輩…ダメです!」



ギョンスが叫ぶ。



わかってる。

これが常識とは外れてることだって。


わかってる。

これは間違った選択だって。




でも…

選ばずにはいられないんだ。



「…ごめん。」



ぎゅ…

俺はセフンの手を握り返した。






好きだって…気づいてしまったんだ。










FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-01-09(Tue)12:18 [編集]


ミンソクさんが

やっと自分で動き出したみたいで良かったです。^^

ジョンインかっこよかったよ~。

凄く綺麗な引き際でした。

こんなにおぜん立てしてもらったらセフンも頑張らないと。

トイレじゃやはり場所が場所でしたね。

どこに移動するのでしょうか。

というかギョンスとチャニョルはこれからギョンスも会議なのにラブラブですね…^^

roiniy(ooba) | URL | 2018-01-09(Tue)12:36 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-01-09(Tue)14:48 [編集]


やっと

やっとですね
ミンソク先輩 自分の気持ちに
正直に なれましたね
ジョンイン カッコ良かったです
最後 頑張っちゃいましたね(*^^*)
ミンソク先輩と セフン
後は 確認作業!
ギョンスと チャニョルも
その後 気になります(≧∇≦)

rabikina | URL | 2018-01-09(Tue)18:53 [編集]


Re: 鍵コメFさん

やっっとここまで来ました。
付いてきてくれてありがとうございますm(__)m

ほんとはお洒落なカフェに3人…
みたいなイメージだったんですけど…
いつのまにかトイレになってしまいました笑
ジョンインキスもしてない…と、気付いてでこちゅーしてもらいました。
紳士だったのでしうちゃんに手を出してなかったですね汗
ラブラブまでもう少し…かな?

日色 | URL | 2018-01-10(Wed)07:29 [編集]


Re: ミンソクさんが

roiniy(ooba)さん

ほんとですよ。
シウミン素直にさせるまでが大変だったわ…
出来なかったらこのままお話も終了するところでしたよ…
ジョンイン男でしたね…ジョンインも成長できたかなと思います。
セフンがどう頑張るかですねぇ…

ギョンスとチャニョルはセットです。笑
ラブラブなのかはわからないですけど…

日色 | URL | 2018-01-10(Wed)07:34 [編集]


Re: 鍵コメHさん

大活躍でしたね!
かっこつけすぎちゃったかな…汗
ほんと長かった…やっとやっと気づいてくれました。
ミンソクさんがどうするか…ってところですね。
許せない気持ちをどうしていくのか…
それより好きが勝ってるのかな…?
ギョンスとチャニョルもまだ付き合ってるかは謎です。
くっついてはいるんだけどね…

日色 | URL | 2018-01-10(Wed)07:44 [編集]


Re: やっと

rabikinaさん

自分が書いてる感覚と、読んでる感覚が同じでよかったです。
自分がやっと!って思っても案外すぐくっついたな…と思うこともあるのかなと。
ジョンインかっこよく去れましたね。
引き際ってなかなか難しいので…
イケメソに書けて満足。
ジュンミョンさんに恐ろしい部分はとられてしまったので爽やかだけ残ってます笑

二人は実は…なかなか進んでないと思ってます。
これは書いてみないとわからんので…笑

日色 | URL | 2018-01-10(Wed)07:51 [編集]