FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

神ボイス23

【チャニョル・ギョンス】

妖精さんは僕のものスピンオフ
ニョルドの場合…

チャニョル:ジュ○ン2位売り出しモデル
ギョンス:声優の卵



[チャニョル]



"押し倒してぇ…"



ギョンスの一人言、がっつりと聞こえていた…

握ってる手は地味に汗を掻いているような気もしないでもない…




あああ…

ギョンス…今までちゃんと上手くいかなかったのは…

つまり…そーゆーことなの?





ギョンスの手をぎゅっと掴んで…

"お前は俺のもの!"

感を、出していたが…



ぎゅ、ぎゅぎゅ…

と、握り返されている。



いつの間にか形勢逆転というか…

手錠をかけ直されてるような…←




"俺、逃げられない?"感が否めない。




移動するときは、マスクをしてキャップを深く被る。

何だかんだ背が高いので目立つからだ。

ギョンスは少し後ろを歩いていた。



時々後ろを確認するが…付いてくる様子がかわいい。

まるでペンギン…←



なのに、肉食なのだ。

俺なんてちょっと躊躇したら…



"チャニョルに強引にして欲しかったけど…

やってほしいことは先にやるべきだ。"





確実にヤられる…





嫌だ…

かわいいギョンスにヤられるなんて…!



好きな子にされるってある意味恐怖かもしれない。

ホテルに向かいながら、俺は心に誓った。





強引な男に…俺はなる!






[ギョンス]



ホテルに着くと、お腹が空いてることに気づいた。

ああ、居酒屋に行ったけど結局飲んだくらいでまともに食べてなかったんだ。



俺は、チャニョルの後ろを歩きながら喋る。




「チャニョリ…外食かデリバリーし…」




ぐいっ

どさっ…




俺は手を引っ張られて…

ベッドに押し倒されていた。




えええ?

と、思ったのは一瞬で…




「ん…」

チャニョルの唇が重なる…




息継ぎ出来てる?

ってくらいチャニョルがキスしてきて…



俺は、手持ち無沙汰でチャニョルの首とか頬とか撫でる…

その度にチャニョルがピクリと反応する。




かわいい…

と、思ったのに手をゆっくり払い除けられる。




「ギョンス、ダメ」

「ダメ?」




チャニョルはやっと息したみたいにはぁ…と息を整える。

手首を握られてそれを己の頬へ…





「今日は、俺が全部するから。」





お、男らしい…

俺は自然と頷いていた。






頑張れチャニョル。


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-02-08(Thu)12:19 [編集]


(*^^*)

ちょっと 思い違い?も
あるかもしれないけど(≧∇≦)
ここは 強引に!
ギョンス的には
焦らされてる感満載のような…
優し過ぎる(≧∇≦)
頑張れ ニョル!

rabikina | URL | 2018-02-08(Thu)13:12 [編集]


Re: 鍵コメFさん

チャニョル、このあと多分頑張ります…!
チャニョルタイム!!笑
確かにどこで形勢逆転するかわからんですね…(*_*)

ギョンスにはわざと食べさせませんでした…
お腹がぽっこりしちゃうからね…笑
お腹が鳴らないことを祈る…

お茶漬けとかたべるべし…

日色 | URL | 2018-02-09(Fri)00:39 [編集]


Re: (*^^*)

rabikinaさん

…ほんとですよね、ゆっくりでも大丈夫なのに。
ギョンス、肉食認定。
チャニョルの強引なラブラブが繰り広げられます…?!
まだ書いてません、すみません笑

日色 | URL | 2018-02-09(Fri)00:46 [編集]