坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

神ボイス25

【チャニョル・ギョンス】

妖精さんは僕のものスピンオフ
ニョルドの場合…

チャニョル:ジュ○ン2位売り出しモデル
ギョンス:声優の卵



[チャニョル]



俺は心臓がドキドキしていた…

ギョンスがいつ襲いかかってくるか…!

で、ではなく…



ゆっくりと愛撫することで俺自身の興奮も、徐々に高まってきているからである。

ギョンスが反応する様子はとってもかわいいし…

それで、いろいろと疎かになってギョンスが気持ちよくなくなって…




結果的に俺が襲われる…




ぞっ…

思わずお尻がきゅっと締まる。




そうだ、ギョンスには変な知識がある。

基本のきほんみたいなものがすっぽぬけてていつの間にかマニアック…というか、知識が妄想する漫画やアニメだからか…非現実的な部分があるのだ。

かつ、前回は急に怖くなって拒絶されてしまっているので…

やっぱり入れる方がいい、とかなったら俺は正直…逃げられるか心配。



なんだかんだ非現実な知識でも、いやらしいこといっぱい知ってそうだし…




ちゅぷ…




「チャニョリ…

そんなに、乳首が好きなの?」



「へ?」



はっ…

いつの間にかギョンスのおっぱいをずっと吸ってたみたい…



「い、いや…そーゆーわけじゃ…」

「ちょっと、ヒリヒリする。」



ギョンスの乳首が腫れてる…

いつのまに…



「ご、ごめっ…」



そしたらギョンスが手首を握り…



ひぃっ…

引っ張られ…!



あるところを押し付けられる。



「…下も、弄ってよ。」



ぐにっ…




「ぎゃっ…」

「それとも」



ギョンスの片足が…

俺のズボンのファスナーを押し付けて擦る。



「弄って欲しいの?」



ひゃぁぁぁ~

い、いい声…



思わず頷きそうに…

はっ…ダメだっ!




「お、俺は後でいいから…

ギョンスで満たされたいからっ…」



必死で食い止める。



ギョンスは、もう…

何て言うか、人をMにする素質があるんじゃないか?



ギョンスに導かれるまま…

には、させず…!

押し付けてる脚を掴んでズボンを思いきり脱がせた。




「ひゃぁっ…」




今の行動に流石にギョンスもびっくりしたらしい。

露になったものがふるると震える。




ギョンスの脚を思いきり広げると…

流石にギョンスも恥ずかしそうに手で顔を隠す。



「ギョンス、可愛い。」

「チャニョル…?」



ここまで来たら…

大丈夫、だろうか?




閉じようとする脚を押さえつけた。




「ここ、ホテルだから…声出していいからね?」




「ぁあっ…」





俺はギョンスのモノをやんわりと握った。










FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(≧∇≦)

ニョルったら
何を心配してるんだか(≧∇≦)
早く 攻め込まないと(←言い方)
どうか ヘタレが
出ませんように…
なんせ ギョンスには
めっぽう 弱いニョルですもんね
ギョンスの Sが 出ませんように(≧∇≦)

rabikina | URL | 2018-02-12(Mon)00:18 [編集]


Re: (≧∇≦)

rabikinaさん

ギョンスの襲いかかりにびくびくしてます。
確かに声も行動も攻めですからね…
お尻を守ってしまうのは仕方がないかと思います(*_*)
ここは本気で攻めを装わないと、かわいいとか思われたら大変です汗
ギョンスが目覚めてしまうやも←
そう、優しいけどへたれチャニョルファイティン~

日色 | URL | 2018-02-13(Tue)18:34 [編集]