FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

憧れの人01

妖精さんは僕のものスピンオフ第2弾!

【ベッキョン・チェン】

melody fairy:遊園地発信のアイドルグループ
"歌のお兄さん"をコンセプトにした、親子をターゲットに活動する。

children:melody fairyのファンの名称

ベッキョン:歌手の卵
スホ:俳優の卵
セフン:人気モデル
チェン:ミュージカル俳優
レイ:中国で活躍中のタレント


ほんとに遅くなりましたm(__)m

やっと、リクエスト書かせてもらいます!


ちょっと過去編から…
よろしくお願いしますm(__)m



[ベッキョン]



「はい、はい…ありがとうございました。」



携帯を切る。

俺は一人カフェで佇んでいた。




「はぁぁ…」



"サクラチル…"



また、落ちた。

なんでオーディションに落ちるかわからない。



いや、かなり上手くいってたはずだぞ??




トークか?

トークがいけないのか?!



ぁぁぁ…

俺は流石に落ち込んでいた。

いつもは、持ち前のポジティブさでどうにかなるのだ。



…でも。



「流石に凹むぅ…」



コテン…

カフェのテーブルに頭をぶつけた。



「お客様ぁ、居眠りは困ります。」



店員?がすぐにきて俺を揺さぶる。



「…そんなことわかっ」


店員じゃ…ない。


「スホひょん…?」

「よっ」


手をふりふりしている。


「どうした?」

スホひょんは、同じ事務所の俳優志望の先輩である。
俺は歌手志望だけど何かと仲良くしてもらっている。



「放っといてよ…」



ああ、申し訳ないけど今はスホひょんと放せないくらい落ち込んでるんだ。


すると、スマホを見せられた。



「これ、応募してみないか?」

「え?」




【遊園地アイドル、戦士(仮)募集!!】


それは、遊園地戦士(仮)謎の募集。

オーディションとか書いてないし一見よくわからない。


「くぅたん知ってる?」

「知ってる、ガ◯ダムみたいな…」


可愛いけど、なんか戦ったりするやつ…


「その遊園地の新しい企画で、アイドルグループを作るらしい。」

「へぇ…」



正直面白そうである。



でも…

アイドルって…ダンスも必須?

俺、ダンス出来ないけど大丈夫なの?

と、思ったけど募集要項には



"人に負けない特技があるあなた!

planet遊園地で、戦士(仮)として活動してみませんか?!"

◯応募資格:プロ、アマ、国籍、年齢は問いません。




「すっごい魅力的ですけど…

なんだかんだ何でも出来る器用なやつが受かるんじゃないの?」


疑り深くなっている。

やるなら受かりたいのだ。



次こそ…絶対に!




「お前が好きなチェンも応募するみたいだよ?」

「え!?」





チェ、チェンだってぇぇ?!












チェンとの出会いは、実はあるオーディションで一緒になったところから始まる。

俺は初めてのオーディションでかなり緊張してて…



あ…お腹痛い…かも?

でも周りはもちろんピリピリしてて…
声も掛けにくい状況で…



席を立ち、一人待ち合い室から出た。



ああ、やばい…

トイレどこ…?




そんなとき…




「…大丈夫?」

「え?」



後ろから追いかけて声を掛けてくれた人がいた。

多分、同じくらいの年齢。



「あ、ありがと。」

「気にしないで。」




体を支えてくれて、トイレまで連れてってくれた。


その日の体調は散々だった。

トイレからすぐには出れない状況だった。



やっと出れたときにはもう完全に時間は過ぎていたし諦めていた。



あーあ…印象も悪いし最悪だ。



「あ、君…」

「え?」

「オーディション受けないの?」

「もう、順番は過ぎてる。

…流石に失格だよ。」



すると、口角を上げた。



「事情は説明してある。」

「え?」




「折角のチャンス、頑張ろうよ。」

にこりと笑った。



無事受けることが出来て終わったあとお礼を言おうとしたが既に居なくなっていた。

俺はそのオーディションは落ちたけどある事務所にスカウトされたのだ。




彼は…俺にとって恩人だった。

お腹痛くて名前も聞けなかったけど…




あとからそれがミュージカルに出てるチェンだと気づいた。

彼は、脇役だったけど…

暫くして期待の新人と言われるようになっていた。

それから、ネットで調べたり色々彼のあとを追っていた。

これはそう…恩人の人だからというよりかは憧れに近いかもしれない。





「スホひょん、言っときますけど別に好きじゃないです。」

「えー、素直じゃないなぁ。」




でも、これはある意味運命かも…




「スホひょん…」

「ん?」





「俺、これやってみます。」

「おお?やる気出た?」






絶対に受かって…会う!!







鍵コメCさんお待たせしましたm(__)m


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-02-13(Tue)12:02 [編集]


おお

ベクちゃん 恋物語?
結構(?) あまのじゃくな
ベクちゃん
どんな恋物語になるのか
楽しみです(≧∇≦)
チェンチェンたら
優しいからなぁ〜(*^^*)

rabikina | URL | 2018-02-13(Tue)12:53 [編集]


Re: 鍵コメFさん

ちょっと見切り列車です…
ちょっとだけ過去かいてすぐに今現在書く予定です。
どにょるど、が、もうすぐ終わりそうなので始めてみました(´ω`)
れいさんや、せふん、スホさんといろいろ愉快な仲間が出てくる予定です。

にょる、って基本Mよね。
ギョンスに叩かれに言ってるように見える…←おい。

もうちょっとですね~
大阪終わったら平昌閉会式と急がしですねEXO(*_*)

日色 | URL | 2018-02-13(Tue)18:39 [編集]


Re: おお

rabikinaさん

ちょっとただの日常チックに、なりそうですが…
チェンとじわじわと仲良くなる感じを書いていきたいと思います。
レイやスホさん、セフンも出て来てわちゃわちゃするだろうと思います。
よろしくお願いしますm(__)m

日色 | URL | 2018-02-13(Tue)18:42 [編集]