坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

憧れの人09

妖精さんは僕のものスピンオフ第2弾!

【ベッキョン・チェン】

melody fairy:遊園地発信のアイドルグループ
"歌のお兄さん"をコンセプトにした、親子をターゲットに活動する。

children:melody fairyのファンの名称

ベッキョン:歌手の卵
スホ:俳優の卵
セフン:人気モデル
チェン:ミュージカル俳優
レイ:中国で活躍中のタレント



デビュー直前の収録の話です…


[ベッキョン]


第1回合同練習を終えて、歌の収録日である。

俺はかなり緊張していた。



ああ、歌手志望とかミンソクさんに言ったけど…

何度もやり直しが聞かないし出来れば一発で終らせたいけど上手く行くか心配だ。



「あ、あー、あー」


廊下でちょっと練習する。


「ベッキョン、何してんの?」

「へっ…!」


チャニョルが横にいる。

いつのまにっ!


「あ、いや…なんでもっねーしっ!」

べっしーんっ

「痛いっ!

チェンの次、ベッキョンだよって言いにきただけなのに!」

と、部屋に導かれる。



「え?」



もう?!

ガラス越しにチェンがいて歌っている。




わ…



めちゃめちゃ上手い。

どこまでも途切れないような声…




ぽわーん…




初日、合同練習でミンソクさんに言われたこと…




"ベッキョンは彼のこと好きなんだな。"

『音楽の妖精さん11』参照



あわあわわわっ…

いやいや、そーじゃなくてっ!

俺はほんとにチェンを尊敬してるんだって!



チェンがこっちを向いてニコッと笑う。

どうやらOKサインが出たみたいだ。




「チェンよか…」

「よかったよ、チェン…!」



だきっ…!


「わっ!」




え…?

どっから現れたのか…レイさん飛び出してきた。



「もーなんなんいきなり!」

「ほんとに素晴らしかったから…さ!

花束渡したいくらい。」


「大袈裟やなぁ。」


…チェンも満更でもない。



「あ、ベッキョン次頑張って。」

チェンが俺に向かってニッコリ笑う。



きゅーん…



「う、うん…」




それでもレイは離れない…

ベタベタしている。




俺はびみょーにもやもやもやとしていた。

何故かチャニョルに応援されながら収録していたせいで…(後に出る特典DVD)




カプになり、同じ部屋になるきっかけになってしまうのだけれど…





ちょいちょい過去から現在にむかっていきますね。


FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(≧∇≦)

最大で 最強な
ライバル(?) 登場ですね
尊敬って言ってるだけでは
レイさんには 勝てない
と 思われます(≧∇≦)
ベクちゃんが チェンのことを
どこまで 好きなのか
わかりませんけど…(*^^*)
チャンベク 背の高さといい
ビジュアルといい
最高ですけど! (*^^*)v

rabikina | URL | 2018-03-04(Sun)11:13 [編集]


Re: (≧∇≦)

rabikinaさん

そうです。猛禽類のようなレイさん登場…
チェンも多分少しは身構えてる…はず。
レイさんは押せ押せどんどんなので、チェンさんが逃げられるのか心配です…
逃げられ…ない?
もしかしたらベッキョンはチェンのオアシスになる??

チャンベクは、ベッキョンが求めてないみたいです。
でも揺らぐかも?

日色 | URL | 2018-03-05(Mon)18:11 [編集]