坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

憧れの人17

妖精さんは僕のものスピンオフ第2弾!

【ベッキョン・チェン】

melody fairy:遊園地発信のアイドルグループ
"歌のお兄さん"をコンセプトにした、親子をターゲットに活動する。

children:melody fairyのファンの名称

ベッキョン:歌手の卵
スホ:俳優の卵
セフン:人気モデル
チェン:ミュージカル俳優
レイ:中国で活躍中のタレント

[ベッキョン]


朝の練習したあと平日の公演を終えた。

今はチェンの部屋で二人きりで腰フリだけ練習している。


所謂コソ練というやつである。


「腰振るってこう?」


チェンの体は強ばっている。

体もぎこちない。


「恥ずかしがらず思いきりだよ。

俺みたいに!」

と、少々大袈裟にやる。



「あははは、それじゃスホひょんに怒られちゃう。」

「そう?」


二人で笑う。


「休憩しよ!」

と、俺は床にあるクッションに座る。

そのあとチェンも。



「…ベッキョンありがと、助かったよ。

なんか吹っ切れた。」

「ふふ、どういたしましてぇ。」



チェンの役に立てて嬉しかったりする。



「ダンス、嫌いじゃないけど思った通りに体が動かないんだ。」


チェンは大きい目を伏し目がちにした。

はぁ、と自信なさげにため息を吐いてる。



まつげ長い…

ああ、違うっ励まさないと!



「チェンはちょっと力入れすぎなんじゃない?」

「そーなのかなぁ?」

「まぁ、俺はこうやってチェンと二人で話せて嬉しいけど…」



すると、チェンがこちらを見てぱちくりしている。



はっ…!

俺ってばっ!!



「ち、ちがっ…変な意味では…!」

「俺もだよ。」


チェンが俺を見た。


「え…?」

「こうやって話すことが出来て嬉しい。」




な?!




「それって…」



Turrrrrrr…

Turrrrrrr…



「あ、レイだ。」



チェンの携帯が鳴る。

ガクッ…



な、なんつータイミングッ

い、いい感じだったのに…!

俺は古いコントみたいにテーブルに肘をついた。



「あ、うん…公演終わったとこ。」



チェンはレイと電話で話している。

何を話してるのかな…?




「うん、春のたまご祭ってのがあってダンスの練習を…ああ、そうなんだ。」



直近の話かな。

毎日電話してるとか…恋人みたいだな。



ぐっ…なんかチクンと胸の近くが痛い。



「そう、ベッキョンと練習してて…

え?変わる??」



チラリとこちらを見た。



「レイが話したいって。」

「え…俺?」


ドキドキしながら携帯を握る。


「も、もしもし…?」





『ベッキョン?』




「あ、ああ…」

ど、ドキドキする…変な意味で。


実はあんまり喋ったことないかも…!



『久しぶり~♪

元気??』


しかし、妙にほんわかしたテンションに少し緊張が解れた。


『チャンベク、中国でも話題になってるんだよ~

僕のSNSのフォローからチャニョルやベッキョンのSNS知るひとも多いみたい!』




「えぇ?

そ、そうなの?」




ってことは…

あのチャンベク人気は…まさかの中国?!



サーーー…

冷たい汗が流れる音がする。




確かにそうなると簡単には揺るがない理由になる…!





『僕も嬉しいよ、チャンベク人気の力になれて…
二人の愛をみんなが応援してくれるんだね…素晴らしいよ。』


「え、いや…あの…なんか勘違いして…」



俺、一生チャニョルとカプを組むわけじゃないんだけど…



『カプで愛を深めて競い合うってことだよね?』




え?!



「ち、ちが…!」


何か違うよな?!


『よっしゃ~レイチェンも頑張らないと…

ってチェンに伝えといて!!』


「え、あのっ…!」




ブチッ…




チェンがその様子を見てる。




「………ね、話が通じないよね。」

「…うん。」





チェンの言いたい気持ちがわかった。










FC2blogranking

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお

どこかで 見てるのかっ
てくらい タイミングが
良すぎます レイさんっ!
レイさん 思い込みも過ぎます!
チェンは ベクと 話してると
楽なのかな?
ベクが 変に期待しないと
いいけど…
離れていても レイパワー
侮れない!(≧∇≦)

rabikina | URL | 2018-03-23(Fri)21:14 [編集]


Re: おお

rabikinaさん

レイさんは、固定カプで競ってく…と、思ってます。
※わかっててやってるかもしれませんが。
タイミング怖いですよね、第六感が…チェンの危機を知らせているのかも…←え。

チェンはベクと話すの好きみたいです。
安心してると思います。
あまり積極的ではないし、ぐいぐい来てくれるひとの方がコロッといくと思います笑

日色 | URL | 2018-03-26(Mon)07:31 [編集]