FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

マグネット07

【セフン・シウミン】



_/_/_/セフン_/_/_/


結局、練習が終わったあと一年はそのまま掃除をするので声を掛けることはできず、3年は着替えてさっさと帰ってしまった。



「はぁ…」


家に帰ったらビビが僕を玄関で迎えてくれる。



「わんっ」

「ビビィ…」



僕は思わず足元で尻尾を振るビビを抱き締めた。

少しこの胸のざわつきが安らぐ気がする。





ああ、なんで声くらい掛けられないんだろう。

ミンソク先輩から貰った写真を見つめる。





はっ…

そうだ、ラインすればいいのだ。



連絡先を交換していることを忘れていた。

ああ、何て送ろう?




てぃとん!

すると考えてる最中にラインがくる。


え?!

誰?!




"今度の休み暇か?

別荘に行く予定なんだけど。"



「す、スホひょん…」



な、なんだぁ…紛らわしい…

スホひょんとは時々遊びに行く中だ。



"忙しいです!すみません!!"



僕は速攻断りの連絡を入れた。

そして、ミンソク先輩への内容をあーでもこーでもと考える。



「ビビ、これでいいかな?」



"お疲れさまです。

テスト終わったのでビビと散歩に行きませんか?

次の休みとかどうですか?"




だが、送信マークをタップまで至らない…

いきなり日にち決定するとか強引か?

とりあえず行きましょうと打った方がいい?




たしっ!




「ああ、ビビっ!」



乗っかってきて勢いでそれは送られてしまった。



「あああっ…」



そしてすぐに既読になった。

へ、返事すぐ来るだろうか…?




ドキドキ…

ドキドキ…





しかし、いくら待ってもその日に連絡は来なかった。





*************


キーンコーン、カーンコーン…

そして、部活の時間になってもその返事は来ることはなかった。


「ジョンイン、先に行ってる。」

「すぅすぅ…え?」


ノートによだれを垂らし寝ているジョンインを置いていき僕はついに…ミンソク先輩に会いに行く決心をした。


「じゃーねー」

「ばいばい~」



3年の教室が並ぶ廊下を歩く。

教室に残ったり廊下で喋っていたり疎らである。



ああ、緊張する。

制服はブレザーでネクタイの色で決まっているから僕が一年だと言うことは一目瞭然である。



見慣れない生徒がいると皆見るものだ。

僕は一番遠い3年A組に向かった。



「あの、キム・ミンソク先輩はいらっしゃいますか?」


帰ろうとする3年の先輩に声を掛ける。

教室をきょろきょろしてミンソク先輩を見つける。



「ミンソクー、後輩が呼んでる!」


すると、教室にいるミンソク先輩が振り向いた。


「え…俺?」

「はい、ミンソク先輩です。」



ビックリしたような顔。



「ああ、うん…何、どうした?」

ミンソク先輩は僕に恐る恐る近づいてきた。



「昨日の返事…」


「おー、誰かと思ったらセフンじゃないか!」




なんと、スホひょん現る。

そうだ、同じクラスだった…



「別荘何で行かないんだよぉ~

やぁぁっと、親から許可が下りたんだぞ?」


「えっと、その…ですね。」


しどろもどろになる…

本人を目の前にして断るのは勇気がいる。



「まぁ、無理強いはしないよ。

ミンソクとリフレッシュしてくるから。」

「え?!

ミンソク先輩も行くんですか?」


僕はミンソク先輩を見た。

ミンソク先輩は頷く。


「ああ、受験前に楽しもうって…スホと盛り上がってて…」

「で、セフン行きたがってたけど一年一人じゃ可哀想だからジョンインもどうか?って誘ったんだけど、残ね…」



「行きます!」

「え?」





「予定ずらしても行きます!!」








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-04-19(Thu)12:24 [編集]


おお

なんという チャンス…
なのかどうかは 分からないけど
楽しい時間は 過ごせそう… ねっ
別荘だなんて 流石です!スホさん!
でも ツーショットは 難しいかも(≧∇≦)

rabikina | URL | 2018-04-19(Thu)21:15 [編集]


Re: 鍵コメFさん

しうちゃん、どうしたのかしら?
ま、まさか…気になってるとか??
セフンとしうちゃん…どちらが先に恋に気付くのですかね?

かいくんは…盛り上げ係です。⬅え。
決して焚き付け係じゃないですよっっ!!

日色 | URL | 2018-04-21(Sat)19:07 [編集]


Re: おお

rabikinaさん

まさかの別荘企画!
高校3年の受験前の最後のバカンス??
セフンは自分が別荘に行きたいとか発言をしてたらしいですが、ミンソクさんと遊びに行きたかったみたいですね…
二人きりでは別荘は行かせたくなかった…のかな??

日色 | URL | 2018-04-21(Sat)19:10 [編集]