坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

盲目視線16

【セフン➡スホ】
【シウミン➡セフン】


_/_/_/シウミン_/_/_/



「なんで、俺なんかの側にいてくれるの…?」



俺の側にいてベッキョンにメリットってあるんだろうか?

すると、はぁぁっと、わざとらしくため息を吐かれた。



ばしっと、肩をぐーぱんされる。



「たっ!」

「ひょんってば、そーゆーとこありますよね。

俺"なんか"って自虐的なとこ。

よくないです!」



「え…」



全く気付いてなかった。

いつの間にか自分を卑下していることに。



「ひょんは凄く魅力的ですよ!

そーゆーところは治してください!」

「あ、え…あの…」




「で、溜めない!無口禁止!」




俺、もしや叱られてる…?

首を傾げるとまたバシバシと叩かれた。



「だーかーら!ひょんは、一人で頑張りすぎなんです!」

「頑張り過ぎ?」


ベッキョンは頷く。



「ミンソギひょんは、最年長だからしっかりしなきゃって思ってますよね?」



確かに自然と後輩たちを見守ってる感じにはなってると思う…

ふざけたいときもふざけるのを躊躇ってしまうし…?




「もっとなんでも喋って欲しいです。」

「え?」



「俺の前では自由気ままって言うか…楽でいてほしいっていうか…あぁーもう!」




??




ベッキョンの幼げな瞳で見つめられる。

そう、なんか…子犬みたいな。




「上手く言えないですけど…

"ひょん"って言う肩の荷を降ろしてほしいです。」





「毎日、笑顔にしたいんです。

ひょんのこと。」




どきりとした。




「えっと…それは、つまり…?」





頭がこんがらがってる…

何が起きてる?



ベッキョンの手が俺の手に重なった。





「すき…です。」








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ひょぉ〜

なんと⁉︎ そう来るんですね!
ベクシウ…
もぉー しうちゃんたら
どんだけ 魅力的なんだっ!
控えめな しうちゃん
そんな長兄を
見ていてくれてる人が
いてくれるのが 嬉しい!(*^^*)
でも 想う人には なかなか…
ベクだったら いつでも
笑っていられそうだけどね…
なんとも 切ないです (>_<)

rabikina | URL | 2018-05-11(Fri)12:59 [編集]


Re: ひょぉ〜

rabikinaさん

なんとベッキョンが見ていたのでした…
控え目というか全然見えてなかったんですねぇ…しうちゃん。
やっとしうちゃんが違う方向を見始める??
それともセフンから離れないのでしょうか?
確かに、ベッキョンだと毎日笑顔だし見てて楽しいです。
わちゃわちゃしてて…(´ω`)

日色 | URL | 2018-05-11(Fri)22:29 [編集]