坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

盲目視線32

【セフン→スホ】
【シウミン→セフン】
【ベッキョン→シウミン】



_/_/_/セフン_/_/_/



空港に着くと車から降りる。

その瞬間にカメラを持ったファン達が集まってくる。



キャー…

セフナー!




叫び声と共に、カメラのシャッター音が繰り返される。

僕は普段通りスホひょんの隣にいた。




「スホひょん、今日の服装かっこいいです。」

「お、そうか?」



エメラルドグリーンのロングコート。

日本はソウルより寒くないから少し軽めにしたのだろう。



どさっ



「…ジョンイン、重いんだけど。」

「うーん…?」



後ろからジョンインが覆い被さってきた。



絶対聞こえてないふりしてる…

多分座るまで持たれるつもりだ。



「…寝かせれやれば?」

スホひょんが笑いながら言う。


「えぇ~」

「そーだそーだぁ。」



スホひょんは全然構わないみたい…
普通は嫌なもんじゃない?

まぁ、やきもち焼かないのはジョンイナだからかもしれないけど。



後からきたワゴン車からミンソギひょん達が降りてくる。



僕はぼーっと見ていた。

部活してる学生みたいなスポーティーな服装だ。




…全然好みじゃないなー。

と、思った。



隣にいるスホひょんの服の方が断然好みだ。



なのに…



「子りすたんズ…まばゆしぃ」

「うわっ、耳元で囁くなよ!」




重さが溶け込み過ぎて忘れかけていた。

いつの間にかミンソギひょんの周りにはベッキョンとジョンデひょんがいる。




「はぁ、尊い。」

「…はぁ?」




尊い?

意味わからん…




俺から言えば、二人が保護者みたいだ…。

真ん中にいるのが最年長なのに。



はぁ…



3人が喋りながらこちらに向かってくる。

そしてもうひとつのファンの塊が集まってくる。




「ほら飲み込まれる前に、行くぞ?」

スホひょんに軽く服を引っ張られる。

「あ、はい。」



僕はスホひょんの後ろをゆっくりと付いていく。

移動中は、飛行機に乗るまで何処までも人の波が付いてくる。

僕たちはボディガードか守られながら入り口へ向かっていた。




やっとのことでパスポートを確認して、手荷物検査を終えた。

僕はやたらこの手荷物検査で引っ掛かる。

早めに検査したはずなのに終わったのはメンバーの中で一番最後だった。



はぁ、やっと終った…



後は飛行機に乗るまで待つだけだが付いてくるファンもいるから気は休まらない。




キャー…!

ベッキョナー!!

ミンソギーー!




二人が仲良さそうに座ってなにか話している。




何喋ってる…?

僕は気になって近い席に座った。

買い物する以外はみんな近い席に座ってるから変ではない。

そこでただ携帯を弄っていた。




「…おい、何してんだよ?」





ぎくっ…


ベッキョニがいきなり僕の方を見て言ってきたのでドキリとした。




え、僕…?

と、思ったら…




「ジョンイナ!!

まーった俺のこと盗み撮りしやがって!」



ぼ、僕の後ろにジョンインがいて盗み撮りしていたらしい。



「ベッキョナだけじゃないです。

子りすちゃんズです。」

「二人も一人も同じだろぉぉ!」

と、ジョンインの携帯を奪おうとする。



「いやぁぁぁ」

「おい、変な声出すなよっ!」


すると、真ん中に入るジョンデひょん。


「うるさいです。二人とも。」

「「だってぇ」」

「だってじゃない!」




「あはは」




ミンソギひょんは3人を見てただ笑っている。

僕は、その様子をちらりと見た。




"セフン?

何してるの?"




一人でいると、ミンソギひょんから声を掛けてくれてた。

だから、僕が求めたわけじゃないと思ってた。





違うんだ。

僕が側にいるのをミンソギひょんが見てくれてた。







彼からの視線を…失って

初めて彼の視線に気づいた。










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお

とうとう ミンソクさんという
存在の大切さが 分かって
来たのですね
だいぶ 遅いようですけど…(≧∇≦)
スホさんの事が
好きなんだっ て
最近のセフンは
思い込もうとしてるようにしか
見えないのですが…(*^^*)

rabikina | URL | 2018-06-06(Wed)22:37 [編集]


Re: おお

rabikinaさん

そうなのです。
大分の遅いです。。。
しかし、居なくなってから気づくってのはよくある話かと思います。
セフンはそこからどうするのかな?
黙って身を引くのかしら…??
やっぱり、スホさんは初恋?で嫌いではないので…
そこらへん気になりますねぇ~!

日色 | URL | 2018-06-07(Thu)07:14 [編集]