坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

盲目視線36

【セフン→スホ】
【シウミン→セフン】
【ベッキョン→シウミン】



_/_/_/シウミン_/_/_/



「「お疲れ様でした。」 」



一日目の公演が終った。

急いで着替えて挨拶をしてから一番に車に乗り込んだ。

早くシャワーを浴びてビールを飲みたい。


車の運転席に乗っているマネひょんはCBXの"Hey Mama!"を口ずさみご機嫌だ。




「ねぇ、ひょんどうしたの?」

「え…いやぁ、なんでもない。」


何でもないわけない。


「また忙しくなるなーって」

「忙しく?」


忙しいのにわくわくするわけがない。


「怪しいなぁ…」



マネひょんは忙しすぎて疲れちゃってるのかもしれない…

ツアーが終わったら美味しいもの食べに誘ってあげよう…

そう、心に誓った……のに、そわそわするマネひょん。



「何でも忙しくなるか、知りたい?」


勿体ぶるマネひょん。


「なんですか?」

「実は…」









「に、日本デビュー?!」


俺は、ホテルに戻ってきてからマネひょんの話をベッキョンとジョンデに伝える。


「ま、まだ決まってないからっ」

俺は、慌てて訂正した。

「会議でそーゆー話が出たってことでしょ?」

「そ、そう…日程とかまだ具体的じゃないみたいだけど…俺ら3人の来年のスケジュールの空きをやたら確認してたって。」



「ショーケースとか…?」



ジョンデがぼそりと言った。


「しょ…」

「やばっ…まじか!」

ベッキョンが枕を抱きながら身を乗り出した。

「ちょっとリアルになってきましたね。」

「だろ?」


俺は、嬉しくていつもより声が高くなる。

自主的にやりたいってお願いした今回の試みが、少しずつ形になってく。


そして、ダメだったらいつの間にか消える不安さもある。



「…ですが、今日はここまでにしましょう。

EXOのツアーに集中したいですし…おやすみない。」


「あ、うん。おやすみ。」


平日公演だったから既に12時過ぎだった。


「…タイミング悪かったかな?」

黙ってられなくてつい、ふたりを自分の部屋に呼び出してしまった。

ツアーの真っ最中に話すことじゃなかったかも…


「ジョンデ、あーいってますけど一人で喜んでますよ。」

「…そかな?」


さばさばしてるようで人をよく見てるからそうでもない。

優しい後輩だ、明日もあるし夜更かししないように早めに解散したのかもしれない。


「そです。」


ベッキョンがにやっと笑う。


「…ってか、気を利かせてくれたのかもしれないですし?」

「え?」





あ。

二人きり…?








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-06-11(Mon)12:18 [編集]


なんだか

なんだか 現実味のない
子リス カップルですねぇ(≧∇≦)
男になるのかっ ベッキョン!
忙しくなると ますます会えなく
なってしまいますね セフンと…(*^^*)

rabikina | URL | 2018-06-12(Tue)01:01 [編集]


Re: 鍵コメFさん

セフンは気づいてしまったですね。
でも、確かに状況的に無理だなとは思ってるようです。
離れたら気づくこともある。
でも、既に修復は不可能なこともありますよね。

ベクシウは私も初めてなのでもっと書きたいです。
どっちがどっちなの?ってはっきりしない二人はあんまり書かない傾向があるので…
新しいジャンルに挑戦…!笑

私も大阪最終日一人で行って来ました。
CBXの涙、やばかったわ…
サプライズも素晴らしいと思いました。(結婚式の最後の映像総編集みたいな、なんか泣ける感じ。)
始まるまで心細かったですが、おとなりのかたも一人だったので「誰ペンですか?」話しかけてみたら楽しめましたよ(´ω`)

日色 | URL | 2018-06-12(Tue)19:03 [編集]


Re: なんだか

rabikinaさん

そうなの、どっちもかわいくてよくわからないの…
子りすがわちゃわちゃしてる姿しか出てきません笑
セフンとは確かに会えなくなるわ…
しうちゃんはもう大丈夫なのかなぁ?

日色 | URL | 2018-06-12(Tue)19:06 [編集]