FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

風紀委員長(仮)の右腕25

【ギョンス・チャニョル】


風紀委員の憂鬱のスピンオフです。



[チャニョル]


今日はセフンについて調べようと思っていた。

挨拶程度はある…が、それ以上話したことはなかった。
もう少し仲良くなる必要があったのだ。



「…はぁ」



ギョンスに声を掛けてからセフンに会いに行こうと思ったのに…



顔に出ちゃいそうで見れないっ

ちょっと落ち着いてからにしよ。




と、とにかく天性とも言えるこのコミュ力でセフンと仲良くなって早くこのミッションを終わらすのだっ!



頑張れ俺!

ファイト俺!



昼休み、一年のクラスに向かったがセフンは教室には居なかった。


なんだ、さぼりか?

折角来たのに…と、廊下を歩いてるとミンソク先輩がジョンインと話しているのが見える。



抱きついてたりしてて仲が良さそうだ。

はー、なんだよ…普通に仲良しじゃん。


ギョンスに報告だな。

キーンコーン…



げ、予鈴!!

2年の教室は1年からだと少し遠い。



あー、もうっ…早く戻らな…




あれ、あれは…セフン?

セフンの視線の延長線上にはミンソク先輩がいる。



俺は慌てて階段に登って下から見ていた。

セフンがミンソク先輩に近づいてなにやら話している。



聞こえない…けど!!



え?

?!?!?!



うっ…そぉ…

俺は思わず手で唇を抑えた。



き、キスした?!

し、しかも…の、濃厚な…


ミンソク先輩はセフンの胸をどんどんと叩いて押す。



ミンソク先輩は慌てているが、セフンは唇を舐めて、飄々としている。



え、何…

どうなってんの?



パタパタ…

すると下から上ってくる足音が…



ミンソク先輩はセフンを引っ張っり走った。



えぇぇ…??

どうなってんの?



追いかけようとすると…



「パク・チャニョル!」

「は、はい!」



「そこで何やってるんだ!

教室へ戻りなさい。」

「は、はい~」




運悪く先生に見つかって追いかけることは出来なかった。




見られてましたねぇ…

シウミン視点『風紀委員の憂鬱18』

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお

見られてたのですね
見てる方が 恥ずかしい(≧∇≦)
ドキドキ
チャニョルの慌て具合が
分かりますよねぇ
妄想は 広がりますよね(*^^*)
大体いいところで 邪魔が入ります…笑

rabikina | URL | 2018-10-09(Tue)20:47 [編集]


Re: おお

rabikinaさん

はい、まさかの見られてました…
堂々とろうかでちゅーなんてねっ
セフン恐ろしいやつっ
チャニョルも妄想して悶々としてしまいそう…💦
ギョンスの暴走を止めてくれる素晴らしい右腕になるはず…

日色 | URL | 2018-10-11(Thu)18:46 [編集]