FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

風紀委員長(仮)の右腕33

【ギョンス・チャニョル】


風紀委員の憂鬱のスピンオフです。



[チャニョル]


3人は電車に乗って、降りた駅のすぐ近くにあるファミレスの中に入った。

3人が窓際のソファに座ったのを確認してその様子が見える通路を挟んだ向かいの二人席に座る。



ジョンインはセフンを睨むよう見ていて、ミンソク先輩は、向かいに座るセフンではなく外を見ている。

愛読書の海賊の漫画で顔を隠しながら3人の様子を観察していた。



ああ、なんかジョンインが喋ってる…

けど、聞こえない。



とりあえず…

セフン、頑張れ…!



「…あの」

「は、はいっ!」



突然女の人に話し掛けられて思わずびくりとする。


「"☆どりーみぃPopアイドル☆"のグランプリのチャニョルさんですよね?」

「…え?」



ビックリして上を向く。



「わー、やっぱりそうだぁ

めっちゃかっこいい~、写真撮ってもいいですかぁ?」


ちょ、今?!

今は困るっ


「ひ、人違いですっ」

「え、本人でしょ~?

やばい、メッチャかっこい~ 」



その声がわりと大きい。

近くの人がこちらを見てひそひそ話している。




「…あの、本当に人違いn」

「ほんとに綺麗な顔ですね♪」


「あ、ありがとう…」


と、話してるとミンソク先輩がセフンの手首を掴んでいた。



え、えぇ?!

知らない間になんかとんでもないことになってるしっ!



そして、お会計を済まそうとしている。

うわ、何がどうなったか全然わからないっ!



「すみません、ちょっと今は…!」



慌てて追いかけようとすると道を阻まれた。


「ほんとに一枚でいいんですっ

お願いします!」



うぅ…!

無下にできない…。



「い、一枚だけなら…」




ああっ!

俺のバカっ!!




結局、俺が急いで支度をお会計を済ませたあとは3人の姿はなく…



泣く泣く帰宅したのであった。










ぽてん。。。

ベットに倒れ込んだ。



あああああ…

どうしよ、ギョンスに聞かれたら何て言おう。

本当のことを言ったら絶対けちょんけちょんに言われる…

とぼとぼして家に帰ってふて寝していた。




うん。

何も見なかったことにしよう…



なんか言われたら答えよう。




「チャニョル~」



コンコンッ


「ねぇってば。」



母だ。

煩いから無視する。

コンコンッ



ガラッ



「なんだ、いるじゃない。」

「勝手に俺の部屋入ってこないでよ。

ぬいぐるみなら捨てないよ?」



某らっくまぬいぐるみがありすぎて捨てようとするのだ。



「違うわよ、お友だち来てるわよ」

「え?!ギョンス?!」



俺は言葉通り飛び跳ねた。



「違うわよぉ、ひょろっと長い子。

最近来たじゃない。」

「ひょろっと…?」



「食堂に来てたわよね?

何だがとても元気がなさそうだったから温かいのみもの出したわよぉ。」




え、まさか…それ…

セフン?




ぎしっ…

ゆっくりと階段を降りて確認した。





椅子に座って項垂れている。

やっぱりセフンだ。




まさか律儀に報告に来てくれるとは思わなかった。

俺はセフンの向かいにすわった。

髪を見るとばっちり黒髪染めしている。



「…お、思ったより黒髪似合うじゃん。」



見た目って重要だ。

黒髪のセフンは大人しそうに見えた。



「…ダメでした。」

「え?」




セフンは瞬きもせず下を向いていた。

ココアの湯気がセフンの顔にまとわりつく。



3人に笑顔の欠片も見えなかったことを思い出す。



謝ったけど許してはくれなかったことはセフンの雰囲気で大体わかっていた。



でも、普通はそうだ。

簡単には許さないだろう。




「ま、そんな簡単にはいかないだろ!?

次頑張れよ!」



バシバシセフンを叩いた。

俺は失恋した友達を慰めるような軽々しい対応だったかもしれない。



「…無理。」

「え?」



セフンの目には涙が溜まっていた。

ビックリして固まる。


「言われたんだ。

許すことは出来ないって…もう、二度と現れるなって…」


セフンの涙は静かに頬を伝う。


「…ぅ」

「そこまで言われたか。」




彼の頭を撫でた。





何日もお休みですみませんm(__)m


セフン視点『風紀委員の憂鬱45』

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そうよねぇ〜

まぁ 普通だったら
許される事では ないですよねぇ〜
でもねぇ〜
揺れてるんだよねぇ(*^o^*)
まだまだ セフンの
悩みの日々は つ・づ・く…

rabikina | URL | 2018-10-27(Sat)17:42 [編集]


Re: そうよねぇ〜

rabikinaさん

チャニョル的視点では何もわからないですし、まさかの雑誌のせいでプチ騒ぎが起きてます…
聞かれてなくてよかったの…かな?!
人気者だとこれからの尾行は難しいですかねぇ

日色 | URL | 2018-11-01(Thu)19:21 [編集]