FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

過去の作品カムバック企画①-1

こんばんは、日色です。
第1回カムバック企画は…

今回のカムバック企画のきっかけを作っていただいた、鍵コメMeさんからのリクエスト!

『盲目視線』45話~48話のセフン視点です。

45話も少し入ってるのでこちらからどうぞ。

『盲目視線45』

『盲目視線46』

『盲目視線47』


明日は48話なので鍵付きです。



_/_/_/セフン_/_/_/


僕は無理矢理ジョンインが座ってる椅子に無理矢理座った。


「それ、食べたいです。」

「あん?これ?」


ベッキョニはちらりとこちらを見たあと、なんてことないようにそのクリームパンをくれた。


「たった今食べたくなりました。」

「ふ~ん。」



そうなのだ、さっきまではいらなかった。

でも、見てたらどうしても食べたくなった。



焼きたてでいい匂い…

一口食べたら僕はほぼ要求を満たされたと思っていた。



「ひょん。」

「ん…?」



いつの間にかベッキョンは、ミンソギひょんのクリームパンを見ている。

そして…


「クリームついてる。」


ミンソギのほっぺについてるクリームを指で脱ぐってペロリと舐めた。


「かわいい。」


僕は、ベッキョニを見て、頬を染めるミンソギを食い入るように見つめていた。



"たった今食べたくなりました。"



ああ…僕が欲しいのはアレだ。

ソレは、今食べてるクリームパンみたいに一口かじりつけば味がわかって満足する。




そう、思っていた。




*******

公演後…

僕はミンソギひょんに部屋に行って良いか聞こうとしていた。

そう、ちょっとだけ"かじりつく"ためだ。



「ひょ…」



しかし、ベッキョンが飛び出すようにミンソギひょんに抱きついてた。


「ひょ~ん、お疲れ様!」

「お疲れ。」


くっついてわちゃわちゃしてる。

二人の仲にとてもじゃないが入れない。


「って、俺ベタベタだからっ」

「大丈夫ぅ~」

「俺は全然よくないっ!」


わちゃわちゃしているのを静観していたが、ミンソギひょんの動きが止まった。


「わーい、楽しみにしてますね♪」


…何か言われた?


ミンソギを手離したベッキョニと目が合う。

なんてことないようににっこりと笑っていた。


そのときやっと気づいたんだ。
話掛けるのを阻止されたことに。







トントン…

僕は着替えたあとすぐにミンソギひょんのホテルの部屋のドアを叩いた。

二人で話したかった…と、建前で部屋の中に入りちょっとだけ"かじりつこう"と、していたのだ。




僕を拒絶なんてしないと思っていた。

何度もキスもそれ以上もした仲だったし…



ガチャ

当たり前のようにすぐに開けてくれたので快く向かい入れてくれた…と思っていた。




「ベッキョナ?」




そう、間違えられた。

視線は少し下で、びっくりしたようにゆっくりと上を向いた。



「…セフン?」


明らかにひょんの顔が強張っていた。


「ど、した…?」




ドアもそれ以上開けてくれない。

…もしや、拒絶されてる?



「…ボディソープ貸して。」

「え、あ…ボディソープ!」


ミンソギひょんがドアから急に離れたからそのドアをこじ開けるようにして中に入った。


そして整頓されたベッドに座り込む。

ベッキョニが来るのか?



…むかつく。



「セフン、あった…」


ボディーソープを持ったミンソギひょんがバスルームから顔を出してベッドに座ってる僕をみて目を見開いた。



「ありがとうございます。」



顔が強張ったままのひょんに笑みで返した。

…そんな顔されると、更に意地悪したくなる。



バスルームに僕がいたら二人はどんな顔するのかな?…とか。

ボディーソープをミンソギひょんの手から奪ってそのままバスルームへ向かった。



「ちょ…何して」

「持ってくの悪いからここで使おうかなって。」


シャワーを浴びてる最中にベッキョニが来たらベストタイミングだ。

狼狽えてるだけかと思ったらミンソギひょんは僕がバスルームに行くのを阻止した。


「今日は使い終わったし、明日返してくれればいいよ。」

「え、もうシャワー浴びたんですか?」



首筋の匂いを嗅いでみる。
確かに、ラベンダーの香りがふわりとする。



「ちょっ…」


ひょんは逃げるように離れた。


「…どうかしました?」


拒絶されてることに僕は静かに苛立っていた。


「そーゆーのは…」

「そーゆーの?」

「ボディソープは貸すから、もう出てってよ…」



僕を拒絶なんて出来ると思ってるの?



「ベッキョニが来るからですか?」

「知って…」

「あ、やっぱりそうなんだ。

ひょんはやっぱり顔に出やすいですね。」



ミンソギひょんの顔は赤くなっている。

胸がざわついた。



「うん、そうなんだ。

だから出てって欲しい。」



出ていく…?

僕が?

どうして??



「僕のこと追い出すんですか?」



だって可笑しい。

なんでベッキョニが来るからって僕が帰らないといけないの?




「うん、お願い…」



話しかけようとして邪魔されたのは僕の方なのに…

ミンソギのお願いなんて聞いてやらない。





「ますます帰りたくなくなりました。」






明日に続く…!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する