FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

過去の作品カムバック企画②-1

おはようございます。
日色です。

第2回過去の作品カムバック企画は…
鍵コメHaさんからのリクエスト!


『キスフレ』のフンシウです。
あのあとの二人は一体どうなったのでしょうか?


【シウミン・セフン】

キス魔のセフンとキスに弱いしうちゃんのお話。

実は、あのあとの続きがあったのでした…!


[シウミン]



バタバタする足音に…

俺たちはただ、待っていた。



「セフナー!何お前誕生日に帰ってんだよっ!

みんな俺以外二日酔いだって…え?!?」



ベッキョンがけたたましくやって来た。

裸で1つのベッドにいる俺らを見るベッキョン



目が点である。



「おーどうしたどうした?

すっぽんぽんじゃないかっ」



う、スホにも見られたっ!

恥ずかしくて顔を布団で隠す。



「そーなんすよぉぉっ!

すっぽんぽん!!」



ベッキョンが叫ぶ。

他のメンバーもぞくぞくとやってくる。



「え、何?すっぽん?」

「なんで裸?」



チャニョルや、カイも…
みんなやって来た。

ああ、もう逃げられない!



「僕ら、付き合うことになりました。」



セフンが腕を組んで引き寄せた。

ああ、言っちゃった…!!



「ね、ミンソギひょん?」



セフンがこちらを向いて確認する。

うぅ、かっこいい…

ドキドキ…



「う、うん…」

「そんなん、ダメに決まってんだろー!!俺のかわいいマンネを独り占めなんて!」



ベッキョンが叫ぶ。



「!」



ああ、そうだよな。

みんなのセフンを俺が独り占めしてしまうなんて…



「みんな、本当にすまn」

「俺のかわいいシウミニをお前に独り占めなんてさせるかっ!!」




「…へ?」




今度は俺が目が点に…




「そーだそーだっ

ずるいぞっ!」

と、スホ。


「シウミニひょんに手を出すなんてぇぇっ」



か、カイまで…?!

ギョンスに無言で毛布でくるまれて保護された。



「ふう、セフンを野放しにすべきではなかった。」


ギョンスとチェンに連れられて俺は部屋に戻らされる。


「大丈夫ですか?

へんなことされてませんか?」


チェンが優しく肩を撫でる。


「え、あ、あの…ほんとに俺らは付き合って…」

「ふぅ、俺らの永遠のマンネに手を出すなんて…」




え、永遠のマンネ…?




「それ…誰のこt」

「ひょんのことです。」




えーーーー?!






[セフン]




僕は服を着たあと正座させられていた。




「セフンのキス魔を治させるべきだったな」


スホひょんが苦悩な表情である。


「まさかほんとに手を出すとはなぁ…!」

カイもびっくりしている。

「もー、みんなマンネに甘いんだからっ」


と、ベッキョニひょんは人のせいにしている。


「「おまえもなっ」」

「でも、お酒を覚えて甘えてくるセフナも可愛かっただろぉ?

やんちゃなところもセフナの魅力じゃないかっ」

「チャニョル、お前はどっちのマンネの味方だよっ」

「そ、それは…!」

と、もじもじしている。




はぁ…

これじゃ埒が明かない…!




「ぼ、僕たちは真面目にお付き合いしてます!

だ、だから認めてください…!」



僕は正座のまま頭を下げる。

ギョンスひょんとチェンひょん、ミンソギひょん以外はそこにいた。



「…条件がある。」

「えっ?!」



スホひょんが言った。



「一ヶ月キス禁止!」



ええええーっ

そ、そんなっ…性癖なのに!



「もちろん、シウミニにもだぞ?」



ベッキョニひょんがにやにやしてる。

うぅ、僕が守れないと思ってるな?!





「…わかりました!」





僕はその地獄のような条件を飲んだのである。





明日に続くのである。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-12-26(Wed)12:42 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018-12-26(Wed)12:50 [編集]


Re: 鍵コメFさん

明けましておめでとうございます。
お返事大変遅くなりました。
いつもコメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私もいつ書いたかな~?
と、思いながら読み返しておりました。
その時の自分を思い出す…なんて、ちょっと過去にタイムスリップ?って感じですね。
最近あまり読者の声を聞いてなかったのでいい機会だなーと、思ってました。
返事来なかったらどうしよう…と、思ってましたが来てよかったです。
Fさんのは、消去法で一つに絞りましたのでお待ち下さいね。

ラブショットなんだかんだ耳に残る…
しうちゃんが裏切り者なんですよねぇぁぁ~

日色 | URL | 2019-01-01(Tue)17:14 [編集]


Re: ありがとうございます。

鍵コメHaさん

明けましておめでとうございます!
お返事遅くなりました!
こちらこそリクエストありがとうございました!
まさかの寸止めだったんですね…笑
確かに気になる続きだったな…と思いました。
上手く終わらせられるか必死だった気がします。。。
ゆっくりラストを考えられて楽しかったです!
ありがとうございました!

日色 | URL | 2019-01-01(Tue)17:17 [編集]