FC2ブログ

坂ダ!

***坂道ダッシュ!☆EXOの妄想BL小説です。***

僕と君だけの世界06

【ベッキョン・シウミン】







結局俺はベッキョンの家に越してきた。

たった一年、されど一年。

タダになるなら仕事の話をしない条件くらい飲めるに決まってる。



それくらい貧乏なのだっ。



俺は玄関で靴を脱ぐ。

ベッキョンの家は広くて部屋が何個かあった。
セキュリティーばっちりの芸能人御用達のマンションである。


「お邪魔しまーす

…あ、これよかったら。 」

「ぶはっ」


すると、瞬時にベッキョンが笑った。


「なんだよ?」

変だったかな?

「今日からひょんの家なのにお邪魔しますってぇ!それにケーキとかっ!」


「はぁ?!」



やっぱりやなやつ!

その俺の様子を瞬時に察したらしい。


「あ、すみません!
なんかつい突っ込みたくなっちゃうんです。」


仕事とか関係なく素で突っ込むんだな…

流石売れっ子。


「ケーキ嬉しいです。あとで一緒に食べましょ?」

「お、おお…」


にこってあどけない顔で笑われたら俺も許してしまう。


「あ、ミンソギひょんの引っ越しの荷物届いてますよ。」

「お、ありがと。」

「ここがひょんの部屋になってます。」

と、部屋へ案内してくれた。



「じゃ、荷造り終わったら教えて下さい。」

「お、おお…」

と、言ってリビングへ行ってしまった。




*************



「ひょーん、終わりましたか?」


ひょこっとベッキョンがやってきた。


「おー、これ終わったらとりあえず。」



ダンボールを畳む。

荷物は少ないからほとんど片付けは終わっていた。



ベッキョンはじっと俺を見てる。



「な、何…?」

「えっと…」



なんかもじもじしてるベッキョン。



「一緒にシャワー、入ってくれません…か?」

「え…?」





一緒…に?!






突然のお願いに動揺を隠せない。
どうする?!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おまけ拍手
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さぁ〜 どうする

一緒に 入るのかっ!
ベク 可愛いんだけど
どこまでが 冗談で
どこからが 本気なのか
分からない ところが
ありますもんね

rabikina | URL | 2019-01-04(Fri)12:23 [編集]


Re: さぁ〜 どうする

rabikinaさん

ベッキョンは本気なのかな…?
今のところしうちゃん視点しか書いてないのでそこは教えられません…笑
しかし、相変わらずのテンションだからどっちかわかりませんね。
しうちゃんもちょっと天然よね。

日色 | URL | 2019-01-04(Fri)20:40 [編集]